「森のカフェ便り」Vol17森のカフェ見学ツアー後編
長老の休憩所
dollblog47「今日は本当にありがとうございました」
マユタン「dollblogさん、はじめまして」
dollblog47「すみませんね~,ご挨拶が遅れちゃいまして・・・」
ルク(・・・今頃ノコノコと…)

b-1.jpg

ロム「楽しんでいただけましたか?」
オピナ「はい!とっても楽しかったです」

dollblog47「噂の妖精水ですよ~♪」
マユタン「まぁ!キレイ・・・」
ルク「美味しいですよ」
長老「これを飲んで、元気になってお帰りくだされ」

b-2.png

マユタン「きゃ~♪」
dollblog47「またいらしてくださいね♡あのドアの向こうは、もうマユタンさんのお家です。ゆっくりお休みになってくださいね」

オピナ「妖精水、キラキラ光ってるぅ!」
ルク「元気出ますよ」

b-3.png

空「マユタンさん♪ご安心ください、私たちがしっかりお家までお送りいたします」
ロミィ・ルク「マユタンさん、ありがとうございました!」
ロム「またお待ちしております!」

オピナ「ありがとうございました!妖精水も美味しかったです!」
dollblog47「ヨカッタ!」

b-4.png

オピナ「この光、気持ちい~い♡」
ロム「華さん、小雪さん、たのんだよ!」
ロミィ・ルク「オピナさんも、また遊びに来てくださいね」
dollblog47「ありがとうございましたーーーー!」

b-5.png


むぅ「ルクちゃん、ありがと♡元気でね」
ルク「むぅさんも♡」

dollblog47「はい、妖精水です」
かよぽん「キャー!ウレシー!!」
長老「美容と健康、開運、厄除けの効果もありますのじゃ」

5367c.jpg

dollblog47「むぅさん、ありがとうございました」
むぅ「dollblogさん、お会いできて嬉しいです」
dollblog47「私も・・・光栄です♡」

長老「かよぽんさん、いい飲みっぷりじゃのう・・・」

b-7.png

dollblog47「いかがですか、お味は?」
むぅ「美味しいです♡」

かよぽん「今度は皆さんで私の家にも遊びに来てください!」
ロミィ「わぁ♡嬉しい!」
ルク「是非!」

b-8.png

むぅ「なんだか・・・お名残り惜しくて・・・」
長老「むぅさんや、そのネームプレートは”森のカフェ”のパスポートですじゃ。いつでもdollblogさんに言ってくだされば、ホレ、すぐにシャボン玉がお迎えに上がりますじゃ」
dollblog47「そうなんですよ!大事に保管しておきますので、いつでもお好きな時にいらしてください」
長老「・・・なんちゅったかな、ホレ・・・コメント欄?じゃったか、そこにお声がけくだされ」
dollblog47「イエ~ス!」

b-9.jpg

かよぽん「空ちゃんと華ちゃんに送ってもらえるの?キャッホー♡」
空・華「お任せあ~れ♪」
かよぽん「めっちゃ綺麗にハモってる♡」

むぅ「小雪ちゃん、よろしくね♡」
小雪「は~い!お家までお供させていただきま~す♡」
ロミィ・ルク「またね~!」
dollblog47「ありがとうございました!!!」

b-10.png


dollblog47「いやぁ遠いところ、ありがとうございました」
いがさん「こちらこそ!」

RM*Luce「心も体もホカホカです♡」
ロミィ「チビちゃん達も嬉しかったでしょうね♡」

pastello(ルク・・・ホントに逞しくなったね…)

b-11.png

いが「妖精水、美味しいわ♡」

長老「Luceさん、またちびっ子達の元気な顔を見に来てくだされ」

pastello「ルク、元気で頑張って」

b-12.jpg

いが「あっという間だったわ・・・」
ロミィ「またのお越しをお待ちしております♡」

ルク「ホク兄さんやサラ、マナ、マカナのこともお任せあれ!」
pastello「頼りにしてるからね♡」

b-13.jpg

RM*Luce「妖精水、ごちそうさまでした!美味しかった」
長老「お安い御用ですじゃ」

ルク(お母さん、いつまでも元気でいてね)

b-14.jpg

いが「ロミィちゃんも元気でね」

dollblog47「今日はありがとうございました」
RM*Luce「あの子達をよろしくお願いします」
dolloblog47「もちろん!これまで通り、みんなで見守ります」

pastello「いつも応援してるからね」
ルク「うん・・・ありがとう」

b-15.jpg

いが「ロムさんもありがとう!」
ロム「こちらこそ!」

RM*Luce「小雪ちゃん、可愛い♡」
小雪「よろしくです♡」

ロミィ「皆さん、ありがとうございました!」
ルク「また来てください!(お母さん、ボクも頑張るからね)」

b-16.png

森のカフェバーの屋上
ポンタ♪都会の喧騒を眺めつつ~ ポンタ参上ここにあり~♪
dollblog47「ようこそ!ポンタさん!ミニオンさん!」
ヒナ子(ドキドキ、ドキドキ)
ルク「ヒナ子さん、ポンタさんとミニオンさんをフォレストホールまでしっかりご案内してよ」

b-17.png

ミニオン「ヒナ子さんに会えて嬉しいなぁ」
ヒナ子「わ、私も、う、嬉しいです、!こ、今夜はエレナさんの雑然としたスタジオじゃなくて、フォレストホールにお席をご用意いたしましたので♡」
ポンタ「最高だポン!」

ロミィ「バイロ母さん!ramoさん!ようこそ!」
ロム「ようこそ!森のカフェバーへ!」

b-18.png

森のカフェバー
モモ「ママ!!!」
ramo「モモちゃん!コータロー!」
バイロ母「あ!ローズ・メイ♡」
ローズ・メイ「おかーさん♪」
dollblog47「麗しきお嬢様方、ようこそ、よ~こそ~♪」
ロム(dollblog・・・もう出来上がってるのか?)
ルク(・・・要注意だな…)

b-19.jpg

ロミィ「ソフトドリンクもありますから、たくさん召し上がってくださいね♡」
ローズ・メイ「気持ちいいな♡」
ルク「モモちゃんもコータロー君もローズさんも、お母さんに甘えられて嬉しそうだね」

b-20.png

ルク(あ~あ、バイロ母さん無理やり踊らされて…)
dollblog47「バイロ母様の華麗なるステップ、う~ん♡素敵です」
バイロ母「・・・少し楽しいです」

b-21.png

dollblog47「ramoお嬢様、Shall we dance♡」
ramo「あ・・」
モモ「ダメっ!!!ダメ!ダメ!ママはあたいたちと一緒なのっ!!!」
dollblog47「グ・・・グッ」

b-22.png

バイロ母「きゃー♡ゴージャスなケーキ」
ルク「お二人ともお酒よりもスイーツがお好きだと伺ったものですから♡」
ramo「あれ!?dollblogさんはどこに?あ、あの・・・モモがキツク言ったから」
ロム「違います!エレナさんのところで、しこたま飲もうって魂胆でしょう」
ロミィ「放っておいてやってください(笑)」
バイロ母(なんだかローズ・メイも相当な酒好きになってる気がする…)
ローズ・メイ「幸せじゃ~♡ヒック♡」

b-23.jpg

フォレストホール
エレナ「ようこそお越しくださいました」
ポンタ「おおぅ!BGMの生演奏付きですか!素敵ですね~」
ヒナ子「・・・み・・・に・・・お・・・ん・・・」
ミニオン「ヒナ子さんにアピールしたくて特注したTシャツです」
ヒナ子「天むす、お洒落です♡」
ミニオン「ヒナ子さんも今日は一段と可愛らしい♡ネックレス、似合ってますよ!」

b-24.jpg

ミスターKP「まずはヒナ子さん特製のカクテルをどうぞ」
ポンタ「お見事でした!」
ヒナ子「ロムさんに教わって・・・美味しいといいんですが」
ミニオン「美味しい・・・感激ですよ!ありがとう、ヒナ子さん♡」

b-25.png

ポンタ「至れり尽くせりですな・・・」
ミニオン「ヒナ子さん、皆さん、最高のおもてなしをありがとうございます」
三郎「お刺身は今朝、獲れたものです」
ポンタ「いや、わかります、わかります!」
ミスターKP「こりゃもう、大吟醸とのマリアージュですわ(笑)」

b-26.png

「ポポン!怪人47面相、参上!!!」
ヒナ子「ゲッ!」
ミニオン「あ。こ、こんばんは!」
ポンタ「待ちかねたぞ!」
dollblog47「おうっ!今宵はこれからじゃ!ポン!」
ヒナ子(・・・ポンタさんとミニオンさんに失礼なことしたら、絶対に許さないからね・・・)

b-27.png

♪ご同輩~ご同輩~(ポポン)
 命の水を飲み干せば ここは麗し桃源郷(ポン)
 しばし浮世の憂さ晴らし 皆で楽しく踊りゃんせ(ポーン)♪

ミニオン「ああ、愉快だ♪」
ヒナ子「意外に楽しい♡」

♪ソレソレソレソレ ほい ポポン♪

b-28.jpg

再び・・・長老の休憩所
dollblog47(フゥ・・・お見送りに間に合ってヨカッタ…)
ロミィ「ミーガさんが迎えに来てくれたよ」
モモ「ママ―、行っちゃやだ・・・」
ramo「モモちゃん♡」

b-29.jpg

ローズ・メイ「おかーさんと一緒に行く」
バイロ母「また会えるから♡・・・あんまり飲み過ぎないでね」

ramo「妖精水ってホントにキラキラ輝いてるのね・・・」

b-30.jpg

バイロ母「ローズも飲む?」
ロミィ「二日酔いしないよ♡」
ローズ「妖精水~♪妖精水~♪」
ロミィ「ローズさん、ゴキゲンだね♡」

dollblog「ああ・・・もうお別れか・・・」
ルク(泣きモードになっちゃったよ)

b-31-3.jpg

dollblog47「お嬢様方ーーーーーーーー」
ramo「ミーガさん、モモとコータローのこと、よろしくお願いします」
ミーガ「はい、どうぞご安心あれ♡」

b-32.png

dollblog47「バイロ母さん!ramoさん!ありがとう!!!」
ロミィ「また!」
ロム「お待ちしております!」

バイロ母「飲み過ぎにチューイーーー♡」
ルク「ごもっとも~♡」

b-33.png

ヒナ子「これを飲むと、スッキリします♡」

dollblog47「どすこい!」
ポンタ「どすこい!」

b-34.jpg

ミニオン「寂しいなぁ・・・」
ヒナ子「泣かないで、ミニオンさん」

ポンタ「・・・ここをひねるんですかね・・・しかし不思議なディスペンサーですな・・・フム」
ロム「そりゃ、妖精水ですからね」

b-35.png

ポンタ「実にかぐわしき香りかな・・・」
長老「飲めば鬼に金棒、怖いものなしですぞ」

ヒナ子「また遊びに来てくださいね」
ロミィ「いつでも♡」
ミニオン「・・・はい」

b-36.jpg

たえこ「おとーさーん」
dollblog47「あれ!?た、たえちゃん!?」
たえこ「おかーさんがね、おとーさんが酔っぱらって寝ちゃってるかもしれないから迎えに行けって」

ポンタ「皆様、楽しい一夜をありがとう」

b-37.jpg

ミニオン「ありがとう!!!」
ヒナ子「また、また来てねーーーーーー!!!」
ロミィ「お気をつけて!」
ルク「ありがとうございました」
ロム「また!」
dollblog47「ポポン!」
ポンタ「ポン!」

b-38.png

ロミィ「こうして森のカフェには・・・」
ルク「皆様との思い出が詰まった素敵なネームプレートが残りました」
dollblog47「私の漠然としたプランと」
ロム「僕達ドールの願いを叶えてくれたネームプレート」
長老「兼、森のカフェへの無期限パスポート」
dollblog47「制作してくださったrosalind様のご好意に」
一同「心から感謝申し上げます」

ありがとうございました

b-39.png



森カフェ見学ツアー②ST

見学ツアー②ラスト決定

次回は「ブライス写真館」Ⅲアニバーサリー・ショー、5月4日の更新予定です。
よろしくお願いいたします♡

ランキングに参加しております_(._.)_

ありがとうございました(*´▽`*)♡












































スポンサーサイト
[2018/04/20 17:00] | 森のカフェ便り | コメント(23) | page top
「森のカフェ便り」Vol17森のカフェ見学ツアー前編
ロム・ルク・ロミィ「皆様こんにちは!本日はブログ一周年企画”森のカフェ見学ツアー”のお話です」
ロム「このお花はramoさんからのサプライズ・プレゼント♡」
ロミィ「”ドールをダメにするクッション”も♡」
ルク「一周年のお祝いにと戴きました!素敵なプレゼントをありがとうございました♡」
ロム「クッション、気持よくて僕達、つかの間ダメになりました!」
ロミィ「とっても嬉しいです

ロム「一周年を迎えるにあたりまして・・・お世話になっております作家様、読者の皆様の温かいご声援に心から感謝申し上げます!」
ロミィ「もちろん・・・今回のツアーにご参加いただきました皆様にも」
ロム・ルク・ロミィ「ありがとうございました!!!」

見学ツアー1-a

「きゃーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」
ロム・ルク・ロミィ「!!!」
かよぽん「わぁー!!!ルクちゃん!可愛いっ!可愛いっ!ムギュー―――♡」
むぅ「ロミィちゃ~~~ん♡♡♡」
ロム「よ、ようこそ!かよぽんさん、むぅさん、お会いできて嬉しいです」

IMG_5323_LI-b.jpg

むぅ「ルクちゃんもなんて可愛いの♡いい子、いい子♡」
ルク「あ、ありがとうございます、あの、ロムサンド召し上がってくださいね」
かよぽん「ロムちゃん、キャワイイ~~~!!!スリスリ♡」
ロム「ど、どうも、どうも」
ロミィ(タジタジのロムさんとルクさん、面白~い♬)
ロム「か、かよぽんさん、あ、あの、この後は森のし、小学校へお届けしますので~~~」

5325c.png

森の小学校
クリン「わぁ!!!むぅさんとかよぽんさんだ!!!」
むぅ「みんな演奏してる!」
かよぽん「きゃーーーーー♡」

5219b_LI.jpg

マヤ「むぅさん、かよぽんさん、ようこそ森の小学校へ!歓迎の気持ちを込めて、校歌を演奏いたします♡どうぞ聴いてください」
コア「みんな、一生懸命に練習しました!」
♪小さな森の真ん中に 楽しい楽しい小学校
 優しい森に包まれて 元気いっぱい遊びます
  不思議な力に守られて 一生懸命学びます
  キラキラ輝く 森の小学校♪

5221音譜

むぅ「みんな、上手ですね~」
マヤ「今日は、お二人にも加わっていただいて」
クリン「一緒に歌うの♡」
かよぽん「あらら、責任重大だわ!初見で出来るかしら・・・」
ミア「大丈夫ニャー♡」

5224楽譜b

ミア「せーの!」
むぅ・かよぽん♫小さな森の~
ミコ「いい感じ♡」
チッポロ「楽しく楽しく歌うんだよ♡」
ミア「自信持つニャー♡」

5225練習1a

チッポロ「じゃあ、本番いきま~す!」
ミア「二人とも上手だから大丈夫ニャ!」
チッポロ「1,2,3、ハイ」
 ♪小さな森の真ん中に 楽しい楽しい小学校
  優しい森に包まれて 元気いっぱい遊びます
  不思議な力に守られて 一生懸命学びます
  キラキラ輝く 森の小学校♪

5228練習2

一同「やったーーーー!!!」
かよぽん「歌えた!」
クリン「カンペキ!」
ミコ「さすが~!」
むぅ「ああ、嬉しい~!!!」

5230.png

ミア「とっても上手かったニャー!」
クリン「すぐに覚えちゃったね」
ミコ「もう、森小の仲間だね!」
むぅ・かよぽん「ありがとう!」

5231桜

かよぽん「なんだか、すごく、すごく」
むぅ「楽しくなってきたニャン!」
マヤ「じゃ、みんなで~」
コア「歌って踊っちゃいましょう!」
ミア「レッツ・ラ・ゴー!!!」
かよぽん♪ニャンニャニャニャン♪
むぅ♪ナーゴ、ナーゴ♪
ミコ・ミア♪ニャーンニャーン♪ゴロニャーン♪

5238.png

マヤ「みんな、お腹ペコペコでしょう♡」
クリン「わ~い!揚げパンとカレーだ!!!」
ミア「すっごく美味しいゴールデンコンビだよ♪」
チッポロ「あのね、パンにね、カレーをつけるんだよ♡」

5239b

ミコ「はい、むぅさん♡」
むぅ「ありがと♡」
ミア「カレーつけてね♡」
かよぽん「うん♡うん♡」
クリン「黒猫牛乳も美味しいんだよ♪」
むぅ「うん」
かよぽん「こんな給食、食べたことない!」
チッポロ「ふだんも美味しいんだけど・・・」
ミコ「今日は、もっと美味しい!!!」
ミア「一番美味しい!!!」

5241b.png

ロミィ「ようこそ!いがさん♡Luce(ルーチェ)さん♡pastello(パステロ)さん♡」
RM*Luce「キャ~♡生ロミィちゃん!」
いが「こんにちは♡」
pastello「こんにちは!」
ロム「こんにちは!ようこそ♡」
ルク「お、おふくろ、ひ、久しぶり・・・」

IMG_5305a.jpg

ロム「ルクさん、肩の力を抜いて(笑)お母さんでいいじゃない」
ルク「お、お母さん、ようこそ」
ロミィ「ルクさんにはいつもお世話になっています」
ロム「頼りがいのあるパートナーです!」
pastello「い、いえ、こちらこそ♡」

5306.jpg

ルク「えへへ・・・特製のルク・サンドです。召し上がってください♫」
pastello「うん!美味しい!ルク頑張ってるんだね・・・」
RM*Luce「すごく美味しいです♡」
いが「なんだかジンときますね・・・でもホント、予想以上に・・・モグモグ・・・美味しいですね・・・モグモグ・・・」
ロム「ありがとうございます」
ロミィ「森のキンダーガーデンでは、みなさんの到着を心待ちにしてますよ~♬」

5311.jpg

森のキンダーガーデン
エメ「ようこそ!!!ようこそ!!!」
チッビー・パム・ノエル「ママだ~~~♡」
RM*Luce「ああ!ドキドキする!」
いが「キャー♡みんな居る!」

キンダーガーデン1

pastello「エメさん、お会いしたかった~♡」
エメ「あら!お恥ずかしい♡」

p-1.png

マウ「いがさん、こんにちは♡」
いが「マウちゃん♡はじめまして♡」

マウといがさん

コロン「ママ~♡元気だった?」
チッピー・パム・ノエル「ママ~♡」
RM*Luce「みんな、みんな変わりないね・・・」

ルーチェ2b

パム「ぼくたち、ママに鉄棒見てほしくて頑張ったの」
コロン「ボクもお手伝いしたの」
RM*Luce「だ、大丈夫!?」
パム「見てて~!」

鉄棒1あ

パム「上手でしょ」
RM*Luce「うん!とっても上手だった♡でもね、うんと気をつけて遊んでね」
コロン「エメさんやラキさん、マウさんもいるから大丈夫だよ」

5175a (2)

pastello(エメさんの瞳、すごくキレイ・・・)
エメ「ルクさんもね、小さい子達にとっても優しいの♫」
pstello「ええ、あの子は活発なんですけど、繊細なところもあって・・・」
エメ「そう!意外にシャイなのよね(笑)」

5176b (2)

マウ「いがさんにお会いしたらね、ここでリラックスしていただきたくて、マッサージを勉強したの♡ラニの朗読は子守歌代わりに聞いてください」
いが「ああ・・・気持ちいい・・・zzzzzzzzzz・・・」

zzz (2)

チッピー「わ~い!みんなでおやつだ!」
パム「ママもたくさん食べてね」

記念写真-3

パム「いがたん♡」
チッピー「いがたん♡」
いが(う~ん♡ちっちゃくて可愛い!)

5182a (2)

マウ「クリンちゃんとチッポロ君はママに会いたくて急いで来たんでしょ♡」
クリン「うん・・・むぅさんとかよぽんさんともっと遊びたかったんだけど・・・」
チッポロ「間に合ってよかった♡」
RM*Luce「ずっとずっと元気でね♡」
エメ「素敵な時間をありがとうございました」
pastello「楽しかった♡」
いが「貴重な体験をありがとう」
マウ・ラキ「こちらこそ♡」

l-1.png

ロミィ「マユタンさーん!オピナさーん!」
ルク「いらっしゃーーーーーーい!」
ロム「お待ちしておりました!」

IMG_5318b.jpg

オピナ「森のカフェサンドって、こんなに美味しいんだ!」
ロム「嬉しいですね~」
マユタン「感激です~、じゅるる♡」
ルク「そんなに喜んでいただけて」
ロミィ「ホント、嬉しいなぁ♡」
ロム「オピナさんとマユタンさんにはミコちゃんのお家に行っていただきます」
ルク「ヒナ子さんとハルムちゃん、リセちゃんがお待ちかねです」

5315.png

ミコ・ミア&ヒナ子のお家
オピナ・マユタン「きゃあ♡ハルムちゃん!リセちゃん!!」
リセ「こんにちは!ミコちゃんとミアちゃんは学校が終わったら帰って来るから」
ハルム「それまで一緒に遊んでね♡」
ヒナ子「ようこそ♡」

IMG_5247_LI-1.jpg

マユタン「ヒナ子ドールかわいい♡」
ヒナ子「ヒナ子の宝物です」
オピナ「ミーガさんからのプレゼントだもんね♪」
ヒナ子「そう!ヒナ子のお皿と一緒に」
ハルム「ねぇねぇ、このレコードね、とってもゴキゲンなんだよ!」
ヒナ子「女子会の定番ソングでテンション上がります」

IMG_5256-1_LI.jpg

オピナ・マユタン♪ノリノリ ノリノリ ノリノリお家カフェ~♪
リセ「イエ~イ!イエ~イ!イエ~イ!」
ハルム「オピナさん、マユタンさん、いいノリ!!!」
ヒナ子(楽しい・・・♡)
一同♪ノリノリ ノリノリ ノリノリお家カフェ~♪

5258-b.png

ハルム「ミコちゃんとミアちゃんがね、宝物を見せてあげてもいいって」
オピナ「わぁ!」
リセ「猫ちゃんのカードと」
マユタン「ラビット歌劇団のミヒロちゃんとミロちゃん!」
オピナ「可愛い!・・・素敵♡」

5260-c.png

リセ(マユタンさん、マガジンラックを20分もガン見してる…)
マユタン「や~ん!どれもこれも素敵、可愛すぎる~」
オピナ「あのウェルカムプレート可愛い・・・」
ヒナ子「ありがと」

5264.png

オピナ「”アリスが穴に落っこちてフリダシに戻る”・・・えーーー!」
マユタン「んぎゃおーーーー!!!もう少しでアガリだったのに、ふぇーーん!」
ハルム(助かった…)
ヒナ子(ラッキー!)
リセ(ああ無情…)

Inked5270c_LI.jpg

ミア「いらっしゃい!!!」
ミコ「ただいま~!」
オピナ・マユタン「こんにちは!」
ミア「”アリスのすごろく”やってたの?」
ハルム「うん。オピナさんとマユタン、ビリになっちゃった・・・」
リセ「私とハルムちゃんは帰るけど」
ハルム「オピナさん、マユタンさん、リベンジーーー!」

Inked5271b.jpg

ヒナ子(3回遊んで3回とも負けるとは…)
ミコ(ああ無情…)
マユタン「ぐぐぅ・・・オピナさん、ごめんなさい・・・」
オピナ「いえいえ、いいですよぉ♡(・・・肝心なところですんごいダメな目を出すマユタンさんって、ある意味スゴイ…)」
ミア「マユタンさん、元気出しなよ、どんまい、どんまい♡」

IMG_5273a_LI.jpg

マユタン「お名残り惜しいわ・・・」
ミコ「今日はありがとう」
ミア「楽しかった~」
ヒナ子「さびしい・・・」
オピナ「うん、うん、いろいろありがとうね♡」
ミコ「泣かないで♡」
ミア「また・いつでも来てね♡」
ヒナ子「待ってる♪」
マユタン「ハルムちゃん、リセちゃんにもよろしくね・・・また、会いに来る!」
オピナ「私も!」

omoide.png

ロミィ「みんなイキイキとしてる・・・本当に楽しかったなぁ!!!」
ルク「忘れろって言われても忘れられないよ」
ロム「この思い出は・・・僕らの宝物だよ・・・」

ラストb

to be2



見学ツアーST

野原ラスト

次回は「森のカフェ便り」vol17森のカフェ見学ツアー後編、4月20日の更新予定です。
よろしくお願いいたします♡

ランキングに参加しております_(_^_)_

ありがとうございました♡(*‘ω‘ *)♡


































[2018/04/06 15:00] | 森のカフェ便り | コメント(26) | page top
「ブライス写真館」Ⅱスター☆集結
サリー
サリー「あの大女優のブリジットさんからアニバーサリー・ショーの出演オファーなんて、夢みたい!!!えっと・・・三月に顔合わせして・・・記者会見の代わりに予告編ムービーを撮る・・・わぉ!!!」

ブログ1

サリー「ブリジットさんとご一緒できる上に、ディディ(クラウディア)も一緒で・・・あとは人気上昇中の夢さんと・・・ウフ♡あの超イケメンのミロク君も一緒!あー、すごく緊張するけど楽しみ!」

サリーのバカンスb1

サリー「バカンス気分ももう終わり!あさって日本に帰ったら、気を引き締めてウォーミングアップをしておかなくっちゃ」

ブログ3

美禄(ミロク)
パパラッチ「ミロク!初めてのドキュメンタリームービー、どんな感じ?」

新聞2

記者A「オンとオフをきっちり分けてきたミロクさんが、映画という形ですがプライベートを公開するなんて、どんな心境の変化があったのでしょうか?」
ミロク「うーん・・・ドキュメンタリータッチではあるんだけど、多少の脚色はあるし、ステージを降りたミロク・ショーだと思って楽しんでいただけたら嬉しいです」

ブログ5

記者B「ショーと言えば、今度はブリジット氏やサリー氏との新作が控えてますね」
ミロク「ええ・・・気持ちはもう、そちらに行ってます(笑)」
記者C「ブリジット氏は、ここ数年はショーの演出や映画のプロデュースでご活躍されていらっしゃいますが・・・」
ミロク「コンサートで演出していただきました」

ブログ6

記者D「ブリジット氏はミロクさんとの共演が、今回のショーの出演条件だとお伺いしておりますが」
ミロク「うーん・・・正しくは今回の出演者全員がそうです」
記者D「そうでしたか、大女優でもあるブリジット氏のキャスティングですか!」
ミロク「気を引き締めて頑張ります。楽しみにしていてください!」

ブログ7


夢「今日はじっくり走り込みをしたわ・・・でも、もう少し体力をつけないと・・・今度のショーは私のメジャーデビューだし、せっかくキャスティングしてくださったブリジットさんに恥をかかせるわけにはいかないもの・・・」

ブログ8

パパラッチ「夢ちゃん!ブリジットさんと共演するんですよね」
夢(ブリジットさんのショーに出演が決まった途端、こんなに注目されるなんて・・・すごいわ…)

ユメ&パパラッチ1

ユメ&パパラッチ2

夢「出来る限りのことはやらなくっちゃ!」

リハ室あ

夢「苦手なジャンプも克服する!」

リハ室2c

クラウディア
クラウディア「蝶々さん♡今度のショーも楽しくなりそう♫ワクワクする~♬」

クラウディアと蝶b

クラウディア「一族の長、大祖母様・・・ショーがうまくいきますように見守ってください・・・」

城 部屋6 (3)

クラウディア「オッケー!可愛いわよ、クラウディア!自信を持って!」

鏡

クラウディア「♪誇り高きバンパイア一族の末裔♫クラウディア、行ってまいります!」

城 部屋5

ブリジット
パパラッチA「ブリジット!!!」
パパラッチB「久しぶりの出演、楽しみにしているよ!」

Bホテル入口b

パパラッチC「ブリジット、笑って!」

Bホテル3

パパラッチD「ブリジット!」

セレブ エレベーター

パパラッチE「ブリジット!ショーの会見は無し?」
ブリジット「予告編をリリースするので、ご覧になって」

セレブホテル7

アニバーサリーショー・予告編

[広告] VPS














スター集結STラストa

スター集結ラスト

次回は「森のカフェ便り」Vol17森のカフェ見学ツアー前編、4月6日の更新予定です。
よろしくお願いいたします♡

ランキングに参加しております_(_^_)_

ありがとうございました(*´▽`*)/♡
























[2018/03/23 14:00] | ブライス写真館 | コメント(18) | page top
「仲良し*きょうだい日記」⑬ミームの不思議なお友達
こんにちは!ミーガです。今回は森で出会った、ミームちゃんの不思議なお友達のお話です。
いつものように散歩に出かけたミームちゃん。この日はふと、森の方に足が向いてドンドン進んで行ったんだって・・・

ミーム「この先は少しコワイ気もするけどなぁ・・・でも行ってみたい気持ちがと~ま~らな~い♬」

13-1a.png

ミーム「あれ!?ここって・・・夢で見た”薔薇の女王様のお部屋”(「仲良し*きょうだい日記」⑩)!??・・・え!?女の子?」

13-2.png

「♪ランララン ランララン 一緒に~歌おうね♬ウサジ、もっと楽しそうに踊ってよ!・・・あれ!?誰?」

13-3.png

ミーム「こ、こんにちは。私はミーム」
「・・・」
ウサジ「こんにちは!くるみ様も、ほら、ご挨拶して」
くるみ「・・・こ、こんにちは」
ウサジ「私はウサジと申しまして、くるみ様の執事兼お守り役兼お友達です」
ミーム「ここは・・・以前、薔薇の女王様が・・・」
くるみ「お引越ししたの。ここでのお仕事は終わったんだって」
ウサジ「くるみ様は森の王様と女王様の一人娘、森の王女様です。ここは本当は来てはいけない所なのですが」
ミーム「危険な場所なんですか?」

13-4.png

ウサジ「いえね、薔薇の女王様が別の土地に移られてから、黒いマントの怪しい輩がうろつくようになったという報告が」
くるみ「おしゃべりウサジのバカ!昼間は平気だよー!ウサジはなんでも心配するんだから!」
ミーム(・・・なんかワガママな子だな…)

13-5.png

ウサジ「そ、そうでしたね、ミーム様せっかくお会いできたのですから、くるみ様のお友達になっていただけませんか?」
ミーム「えっ・・・あ、私でよかったら・・・」
ウサジ「くるみ様、よかったですね!」
くるみ「・・・あなた”薔薇の歌”歌える?」
ミーム「うん。薔薇の女王様に教えてもらったよ」
くるみ「!・・・・・・くるみには教えてくれなかったのに・・・」
ウサジ「ミ、ミーム様、是非歌ってください」
ミーム「は、はい。くるみちゃんも一緒に歌おうよ」

13-6.png

ミームちゃんと一緒に歌ううちに、くるみ姫も機嫌を直して楽しく歌ったり踊ったりしたんだって。

13-7.png

くるみ「あー楽し~♬あー、喉渇いた」
ウサジ「では、そろそろ帰りましょう」
くるみ「ヤダ!ウサジ、ジュース持ってきて!お菓子も!」
ミーム「いえ、くるみちゃん帰った方がいいよ。私はまた来るから」
くるみ「楽しいからヤダ!ウサジ、早く!ミームちゃんにおもてなし!」
ウサジ「は、はい。ちょっとお待ちを」

13-8.png

ミーム「ねぇ、ちょっと、ウサジさんが可哀想だよ」
くるみ「いいんだもん。ウサジは家来だもん」
ミーム「あんまりワガママばっかり言ってると、ウサジさん、どっかへ行っちゃうよ」
くるみ「そんなことないもん!」

13-9.png

13-10.png

くるみ・ミーム「!!!」

13-11.png

くるみ「ウ、ウサジ・・・」

13-12.png

ミーム「お父さんとお母さんに助けてもら・・・」
くるみ「ダメっ!!!ダメっ!!!絶対にダメっ!くるみ一人で助けに行く!!!」
ミーム「ええ!?」
くるみ「ミームちゃんは帰って」
ミーム「そ、そんな訳にはいかないよ・・・私も行く!二人で助けに行こう!」

13-13.png

くるみ「ミ、ミームちゃん・・・ありがとう!」
ミーム「泣いてる場合じゃないわ、しっかり!」
くるみ「うん!」
ミーム「あっちまで、しるしが続いているから、とりあえず行ってみよう!」

13-14.png

お互い初対面で急展開の事態。二人とも無我夢中でウサジさんの後を追ったんだって。
ミーム「ウサジさんが言ってた、あのマントの怪物の仕業なの?」
くるみ「・・・わからない」

ミーム「・・・行き止まり・・・」
くるみ「・・・道がないよ・・・ど・・・どうすればいいの・・・・・・・・・」

13-15.png

くるみ「・・・ウサジ・・・ごめんね・・・ジュース持ってこいなんて言ったから・・・ウッ、ウッ・・・」
ミーム「・・・・・・」
くるみ「ウサジは・・・いつも、いつも・・・くるみのそばにいてくれて・・・いつも・・・優しかった・・・ヒック、ヒック・・・」

13-16.png

ミーム「妖精さん!?」
妖精「こんにちは!ミームちゃん。また会えて嬉しいわ。ウサジさんが捕らわれている場所、見当がつくけど・・・本当に助け出す覚悟はあるの?」
くるみ「どんなことがあっても、私はどうなってもウサジを助けます!」
妖精「わかったわ、ついてきて」

13-17.png

妖精「この先に居るわ。私も一緒についていってあげたいけど、ここから先は無理」
くるみ「大丈夫です。ミームちゃんも帰ってください。ありがとう」
ミーム「ううん!絶対に帰らない!」
妖精「気持ちで戦うのよ。いい?ウサジさんを無事に取り戻したいという気持ちが、あなたたちの武器になるはず」
ミーム「行こう!」

13-18.png

くるみ「私は森の王女、くるみ!ウサジを返して!!!」
「フーン。誰にも言わなかったようだね。チビども、よく来た!」

13-19.png

くるみ「きゃあ!」
ミーム「す、吸い込まれる!?」

13-20.png

くるみ「ウサジ!!!」
マントの怪人「おっと♬それ以上は近寄れないよ。トランプの兵隊が真っ赤な毒液をかけちゃうよ~♬」
ウサジ「く、くるみ様、早くお逃げください!ウサジは平気です!!!」

13-21.png

マントの怪人「ハハハ!健気なやつ・・・おい、チビ!これにサインをしたら、ウサジ共々帰してやる」
ミーム「・・・薔薇の女王様が住んでいたところと西の森をアイツに差し出せって書いてある」
ウサジ「くるみ様!なりませぬ!!!」

13-22.png

くるみ「ウサジの方が大事だよ」
ウサジ「なりませぬ!姫様!王族が一度サインをした内容は未来永劫、取り消しも変更も出来ません!こんな乱暴で卑怯な奴らに好き勝手にやらせるのですか!」
ミーム「だ、だめだよ!サインしちゃ!」
マントの怪人「うるさい!トランプ兵!ウサギのチビを黙らせろ!」

13-23.png

マントの怪人「さぁ早くサインしろ!ウサジが死んでしまうぞ」
ウサジ「だ、ダメ・・・絶対にダメです!サインをすればウサジはもう、この森には居られません!死ぬよりもつらいことです!」
マントの怪人「よく言ったウサジ、パワーアップだ」
ウサジ「ぐっ・・・ぐぐ・・・」
くるみ「うう、うう・・・ウサジ、ウサジーーーーーーーーー・・・やめて・・・やめて・・・や」

13-24.png

くるみ「や、や、やめろーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」

13-25b.png

13-26.png

13-27.png

くるみ「ウサジ!」
ウサジ「くるみ様!」

13-28.png

くるみ「ミームちゃん!ありがとう・・・ありがとう・・・」
ミーム「よかった・・・・・・」

13-29.png

この日以来、くるみちゃんとミームちゃんは大の仲良しになりました。ウサジさんから、この一件を聞いたくるみちゃんのパパは、森の兵隊たちを総動員して”マントの怪人”を捜したのですが・・・その行方は今に至るまで杳として知れません。私ミーガは(そして、おそらくはウサジさんも)思うのですが・・・この話にはまだ続きがありそう・・・です。

13-30a.png






くるみST

くるみラスト

次回は「ブライス写真館」Ⅱスター☆集結、3月23日の更新予定です。
よろしくお願いいたします♡

ランキングに参加しております_(_^_)_

ありがとうございました(*´з`)г♡


















[2018/03/09 17:00] | 仲良し*きょうだい日記 | コメント(14) | page top
「森のカフェ便り」Vol16妖精会議
ヒナ子「あんなに怖い目に遭った場所だけど、あそこで本を読んだり考え事をしたりするの、好きだったな・・・」(「森のカフェバー」Vol12虹の道をご覧ください)
ロム「ああ、森のキャンプ場ね」
ルク「でもねぇ、君子危うきに近寄らずって言うからね」
ヒナ子「テントも撤去したんですか?」
ロム「うん、今は何にもないよ」
ヒナ子「そうですよね・・・」

ヒナ子回想


長老「皆、ご苦労様、これより今年初めの妖精会議を開催します」

森5 (2)a

執事「今日の課題は昨年の秋に起きた由々しき事態についてです」
空「すでにご存じのように、憩いの森”Bゾーン”にて妖精族でも訓練も受けたことのないヒナ子さんが、突然”虹の道”から暗黒世界に吸い込まれるという事件が起こりました」

妖精会議 勢揃い (3)

長老「勇敢なミーガさん、ローズさん、コータロー君、モモちゃん、そしてシスターズ、エメさんの手助けもあって事なきを得たのじゃが、大変懸念される事態じゃ・・・」

妖精会議2

華「結界が薄くなったことが原因と思われます」
長老「あの一帯は、元々いくつかの世界が重なり交わる不安定なゾーンなんじゃ」
リセ「ヒナ子さんが、あの場所だと集中できると言ったのは、その時はそういう雰囲気に包まれていたからですか?」
長老「そうじゃ。だが、そういった静謐な空気が永遠に続く訳ではないのじゃ」
小雪「でも暗黒世界は直にこの世界に接することは出来ないの」
長老「ここから結界を張って、暗黒世界との間にクッションとなるような世界を挟んでおったからじゃが」

世界の説明1

ハルム「去年、それが突然裂けた・・・」

裂けた世界

長老「再度、結界を張り直して今は落ち着いているんじゃが・・・そもそも”虹の道”を使って、一般の者が誘い込まれるという事態が考えられん」
リセ「暗黒世界の力が強まっているのですか?」
長老「どうじゃろう・・・暗黒世界には、その原動力となるものがほとんどないはずじゃから、存在はし続けるが
大きくも小さくもならんというのが定説じゃ」

妖精会議 勢揃い2 (3)

ミャオ♪もーつれた世界をとーきほぐせー♪
パンタ♬せーかいの謎をとーきあかせー♫

妖精会議2 (2)

空「長老様、今からみんなでBゾーンに行ってみましょうよ!」
長老「ふむ。それぞれに感じるものがあるやもしれん」

提案 (2)a

パンタ「シープーさーん♪」
ミャオ「シープーさーん!”長老の扉”までお願いします!」
長老「パンタとミャオも来てくれるか」
パンタ・ミャオ「もーちろん!!」

シープーさん

華「長老様、暗黒世界は”生”の世界とは簡単にコンタクトがとれないはずですよね・・・」
小雪「”虹の道”やクッションの世界が弱まっているのかもしれませんね」
パンタ♬とーきあかーせ♫
ミャオ♫とーきほぐせー♪
エメ(可愛いわぁ♡)

出発だ (2)

ハルム「・・・心配だよね・・・」

出発だ2 (2)

パンタ♪せーかいの謎をとーきあかせー♬
ハルム・リセ「解き明かせ♬」

出発だ3 (2)

長老「さあ着いた」
華「”長老の扉”は直ぐに目的地に行けるから便利♡」
執事「長老様、お気をつけて。私はここでお帰りをお待ちしております」
長老「すまないね、ではまた」

出発だ4

扉

小雪「今はもう不穏な空気は流れていないわね」
華「だけど・・・不安定な感じはする・・・」

現地1 (4)

エメ「あ!エメ助!?」

エメ助出現b1

エメ「私たち、ヒナ子さんの事件を調査しに来たの」
エメ助「ボクも・・・去年の夏にここから入って来たんだけど・・・結界が脆くなってたんだよ」(「森のカフェ便り」Vol9それぞれの夏)
長老「君は妖怪族だね、そうか・・・」
エメ助「うん、だから悪い妖怪がうろつかないようにボクも時々見に来るんだよ」
長老「フム・・・」

現地2 (3)

空「長老様、原因と解決策がハッキリするまで、とりあえずバリアを張って立ち入り禁止にしたらどうでしょう?」
リセ(そこまでしなくちゃいけないのか…)

リセがっかり (2)

長老「・・・・・・出店を出すか」
一同「!!!?」

出店

長老「ここに休憩所を設けて、わしらが交代で番をするんじゃ!」
華「え!?長老様も?」
長老「もちろんじゃ!ほれ、妖精水をお出しすれば喜ばれるじゃろう」
空「もしかして・・・長老様も森カフェのみんなと友達になりたい、とか?」
長老「えっ、、、い、いやいやいや、わしはほれ、その」

長老の恥じらいb

ハルム「さすが長老様!!!」
リセ「長老様がいらしてくださったら、安心して開放できますね」
長老「そ、そうじゃろう、ここは立ち入り禁止にしてしまうにはもったいない場所じゃよ」
エメ助「じゃ、ボク、みんなに知らせるよ!」
空「優しいおじいちゃんの休憩所が出来たって言ってね!」

出店決定b (3)

長老(・・・おじいちゃんか…)
華「長老様はお若いですが、威厳がおありになるので、その方が親しみやすいと思いますよ♬」
小雪「私たちもお店番いたします♪」

出店決定ラスト (2)


ロム「こんにちは!エメ助君に聞いて来ました」
長老「これはこれは!ロムさん、皆さんもこれからは安心して遊びに来てくだされ」

IMG_4709.jpg

ヒナ子「本もたくさんある♡」
チッポロ「ウレシイなぁ♡」

IMG_4710.jpg

長老「ここでお出しできるのは、この妖精水だけなんじゃが・・・あとは好きなものを持ち込んでくだされ」

IMG_4713.jpg

華「これね、飲むと元気が湧いてくるよ♡」
ヒナ子「なんかキラキラ光ってるね」

IMG_4715.jpg

長老「夜間は立ち入り禁止じゃが、いつでも来てくだされ」
空「キャンプする時には、前もってお知らせしてくれればOKよ」
ロム「安心して遊べるようになって嬉しいです!」

IMG_4720.jpg



妖精会議ST

妖精会議ラストA

一周年のご挨拶

見学ツアー

次回は「仲良し*きょうだい日記」⑬ミームの不思議なお友達、3月9日の更新予定です。
よろしくお願いいたします♡












ランキングに参加しております☆

ありがとうございました♡(*´з`)г♡























[2018/02/23 17:00] | 森のカフェ便り | コメント(21) | page top
| ホーム | 次のページ>>