「森のカフェ便り」Vol16妖精会議
ヒナ子「あんなに怖い目に遭った場所だけど、あそこで本を読んだり考え事をしたりするの、好きだったな・・・」(「森のカフェバー」Vol12虹の道をご覧ください)
ロム「ああ、森のキャンプ場ね」
ルク「でもねぇ、君子危うきに近寄らずって言うからね」
ヒナ子「テントも撤去したんですか?」
ロム「うん、今は何にもないよ」
ヒナ子「そうですよね・・・」

ヒナ子回想


長老「皆、ご苦労様、これより今年初めの妖精会議を開催します」

森5 (2)a

執事「今日の課題は昨年の秋に起きた由々しき事態についてです」
空「すでにご存じのように、憩いの森”Bゾーン”にて妖精族でも訓練も受けたことのないヒナ子さんが、突然”虹の道”から暗黒世界に吸い込まれるという事件が起こりました」

妖精会議 勢揃い (3)

長老「勇敢なミーガさん、ローズさん、コータロー君、モモちゃん、そしてシスターズ、エメさんの手助けもあって事なきを得たのじゃが、大変懸念される事態じゃ・・・」

妖精会議2

華「結界が薄くなったことが原因と思われます」
長老「あの一帯は、元々いくつかの世界が重なり交わる不安定なゾーンなんじゃ」
リセ「ヒナ子さんが、あの場所だと集中できると言ったのは、その時はそういう雰囲気に包まれていたからですか?」
長老「そうじゃ。だが、そういった静謐な空気が永遠に続く訳ではないのじゃ」
小雪「でも暗黒世界は直にこの世界に接することは出来ないの」
長老「ここから結界を張って、暗黒世界との間にクッションとなるような世界を挟んでおったからじゃが」

世界の説明1

ハルム「去年、それが突然裂けた・・・」

裂けた世界

長老「再度、結界を張り直して今は落ち着いているんじゃが・・・そもそも”虹の道”を使って、一般の者が誘い込まれるという事態が考えられん」
リセ「暗黒世界の力が強まっているのですか?」
長老「どうじゃろう・・・暗黒世界には、その原動力となるものがほとんどないはずじゃから、存在はし続けるが
大きくも小さくもならんというのが定説じゃ」

妖精会議 勢揃い2 (3)

ミャオ♪もーつれた世界をとーきほぐせー♪
パンタ♬せーかいの謎をとーきあかせー♫

妖精会議2 (2)

空「長老様、今からみんなでBゾーンに行ってみましょうよ!」
長老「ふむ。それぞれに感じるものがあるやもしれん」

提案 (2)a

パンタ「シープーさーん♪」
ミャオ「シープーさーん!”長老の扉”までお願いします!」
長老「パンタとミャオも来てくれるか」
パンタ・ミャオ「もーちろん!!」

シープーさん

華「長老様、暗黒世界は”生”の世界とは簡単にコンタクトがとれないはずですよね・・・」
小雪「”虹の道”やクッションの世界が弱まっているのかもしれませんね」
パンタ♬とーきあかーせ♫
ミャオ♫とーきほぐせー♪
エメ(可愛いわぁ♡)

出発だ (2)

ハルム「・・・心配だよね・・・」

出発だ2 (2)

パンタ♪せーかいの謎をとーきあかせー♬
ハルム・リセ「解き明かせ♬」

出発だ3 (2)

長老「さあ着いた」
華「”長老の扉”は直ぐに目的地に行けるから便利♡」
執事「長老様、お気をつけて。私はここでお帰りをお待ちしております」
長老「すまないね、ではまた」

出発だ4

扉

小雪「今はもう不穏な空気は流れていないわね」
華「だけど・・・不安定な感じはする・・・」

現地1 (4)

エメ「あ!エメ助!?」

エメ助出現b1

エメ「私たち、ヒナ子さんの事件を調査しに来たの」
エメ助「ボクも・・・去年の夏にここから入って来たんだけど・・・結界が脆くなってたんだよ」(「森のカフェ便り」Vol9それぞれの夏)
長老「君は妖怪族だね、そうか・・・」
エメ助「うん、だから悪い妖怪がうろつかないようにボクも時々見に来るんだよ」
長老「フム・・・」

現地2 (3)

空「長老様、原因と解決策がハッキリするまで、とりあえずバリアを張って立ち入り禁止にしたらどうでしょう?」
リセ(そこまでしなくちゃいけないのか…)

リセがっかり (2)

長老「・・・・・・出店を出すか」
一同「!!!?」

出店

長老「ここに休憩所を設けて、わしらが交代で番をするんじゃ!」
華「え!?長老様も?」
長老「もちろんじゃ!ほれ、妖精水をお出しすれば喜ばれるじゃろう」
空「もしかして・・・長老様も森カフェのみんなと友達になりたい、とか?」
長老「えっ、、、い、いやいやいや、わしはほれ、その」

長老の恥じらいb

ハルム「さすが長老様!!!」
リセ「長老様がいらしてくださったら、安心して開放できますね」
長老「そ、そうじゃろう、ここは立ち入り禁止にしてしまうにはもったいない場所じゃよ」
エメ助「じゃ、ボク、みんなに知らせるよ!」
空「優しいおじいちゃんの休憩所が出来たって言ってね!」

出店決定b (3)

長老(・・・おじいちゃんか…)
華「長老様はお若いですが、威厳がおありになるので、その方が親しみやすいと思いますよ♬」
小雪「私たちもお店番いたします♪」

出店決定ラスト (2)


ロム「こんにちは!エメ助君に聞いて来ました」
長老「これはこれは!ロムさん、皆さんもこれからは安心して遊びに来てくだされ」

IMG_4709.jpg

ヒナ子「本もたくさんある♡」
チッポロ「ウレシイなぁ♡」

IMG_4710.jpg

長老「ここでお出しできるのは、この妖精水だけなんじゃが・・・あとは好きなものを持ち込んでくだされ」

IMG_4713.jpg

華「これね、飲むと元気が湧いてくるよ♡」
ヒナ子「なんかキラキラ光ってるね」

IMG_4715.jpg

長老「夜間は立ち入り禁止じゃが、いつでも来てくだされ」
空「キャンプする時には、前もってお知らせしてくれればOKよ」
ロム「安心して遊べるようになって嬉しいです!」

IMG_4720.jpg



妖精ST

妖精会議ラストA

一周年のご挨拶

見学ツアー

次回は「仲良し*きょうだい日記」⑬ミームの不思議なお友達、3月9日の更新予定です。
よろしくお願いいたします♡












ランキングに参加しております☆

ありがとうございました♡(*´з`)г♡























スポンサーサイト
[2018/02/23 17:00] | 森のカフェ便り | コメント(14) | page top
「森のカフェ便り」Vol15お正月の風景②
皆様こんにちは!森のカフェの共同経営者のロムです。お正月の風景第二弾、今回は”森の小学校”主催の「百人一首大会」と、エレナさん、ミスターKPさん、三郎さん達との「新年会」の様子をお伝えします。
ルク「こんにちは!ロムさんのビジネス・パートナーのルクです。今回も少々、長いお話になりますが最後までお付き合いのほど、よろしくお願いいたします」

*百人一首大会
みんなが参加できるように、競技かるただけではなく”坊主めくり”や”散らし取り”もやりました。
まずは誰でも遊べる”坊主めくり”

ブログ1

エントリーしたのはチッポロ&チッピー&パム&ノエルのちびっ子軍団、クリン&コロンの姉弟コンビ、ミコ&ミアの姉妹ペア、ヒナ子&エメ助の異色コンビ、僕ロムとロミィの森カフェ組。
ルク「ちびっ子軍団は札の絵に興味津々の様子で、最初に姫札を引いたヒナ子&エメ助コンビは大喜び」
ロム「でも、札が溜まってなかったので勝負にはほとんど影響がなかったね」

ブログ2

ルク「勝負が決まったのはロミィちゃんが引いた坊主(笑)」
ロム「ロミィ君、思わず大絶叫(笑)」

ブログ3

ルク「その後に姫を引いたちびっ子軍団の勝利」
ロム「坊主めくりは”運”だね」

ブログ4

エメ「”散らし取り”は普通のかるた取りと同じルールだけど、おチビちゃん達にはまだ難しいので、小学生以上のメンバーで遊びました」
ルク「競技かるたに賭けたミアちゃんとエメ助君は不参加。エントリーしたのはクリン&チッポロの一年生コンビ、ミコ&ヒナ子ペア、リベンジに燃えるロム&ロミィコンビ」

ブログ5

ロム「意外にもヒナ子さんが熱くなって」

ブログ6

ルク「くちばし攻撃も怖かったね(笑)」
ヒナ子「ご、ごめんなさい!」
ミコ「私が札に気づく前に、ヒナ子さんが札の上に乗ってるか、くちばしでキープしてるんだもん」

ブログ7

ルク「もちろん勝ったのはミコ&ヒナ子コンビ」
ロム「僕達はリベンジどころか、またもや完敗でした」

ブログ8

最後は”競技かるた”、ミアちゃんとエメ助君の一騎打ち。
ヒナ子「見ごたえありました、やっぱり」
ルク「ミアちゃんとエメ助君の気迫が凄まじくて・・・」

ブログ9

エメ(読み手)「花の色・・・」
ミア「ニャッ!」
一同「おおー!」

ブログ10決定

エメ「ひさかた・・・」
エメ助「よっしゃー!」

ブログ11

ルク「早いのなんのって」
ロム「終始、このペース」
ルク「風圧で札が張り付いたり」

ブログ12

ぶろぐ13

ロム「ミアちゃんもエメ助君も全力で頑張った」

ブログ14

ルク「僅差でミアちゃんが勝ったけど、どちらも爽やかな顔をしていたね・・・」

ミア「エメ助、ナイスファイトにゃ!ありがとう!」
エメ助「こちらこそ!ありがとう!」
ミア「お互い、これからニャ!」
エメ助「頂点目指して!」
ミア「負けないニャ!」
エメ助「次は勝つ!」
ミア「受けて立つ!」

ブログ15


*新年会
ミスターKP「やーやー!今年もよろしくお願いします!」
ロム「お招き、ありがとうございました!」
エレナ「ロミィちゃん、可愛い!皆さん、ようこそ!」
ロミィ「エレナちゃんも素敵!今年もよろしくね!」

ブログ16

ロム・ルク「!」
ミスターKP「いやぁ”親父バンド”のCD、予想以上の売れ行きでね♬」(カフェ便りVol11"初めてのセッション”をご覧ください)
三郎「ポスターも作ったら好評で」
ロム「チ・・・チャーミングガイズ・・・」
ミスターKP「ファンのおば様がね、ロムさんとルクさんの大ファンで”チャーミングガイズ”だって!」
ロム「こ、光栄です」
ミスターKP「いっそ”親父バンド”で正式にデビューしちゃおうかと思って」
ロム・ルク「えっ!!?」
ミスターKP「ジョーク♬ジョーク(笑)ロムさんもルクさんも好意で出てくれたんだからねぇ」
ルク「お、お役に立ててよかったです」
ミスターKP「第二弾は三郎さんの作詞・作曲でレコーディングも済ませたんだよ」
ロム「へ、へぇ・・・楽しみですね・・・へ、へへ」
ボン太郎「にゃ~♡」

スマッシュヒット

ミスターKP「さ、さ、新年会!本日のメインは三郎さんが捌いた”舟盛り”です!」

ブログ18

しばし、ご馳走に舌鼓を打ちながら楽しく歓談。楽しかった♪

IMG_4307.jpg

ブログ19

みんながいい気分になったところでKPさんからエレナさんとロミィ君に演奏のリクエストが。
ミスターKP「いいねぇ!なんか粋な芸人さんみたいだよ」
ロミィ「え~♡そうですか!芸人さんって憧れます~♡」
ルク「え!?そうなの?」

ブログ20

ロミィ「だって・・・みんなを笑わせて楽しい気分にさせてくれて・・・私には絶対に出来ないから」

ブログ21

ミスターKP「じゃ”なーんちゃって芸人”風で写真を撮ろう!」
ロミィ「きゃ♬嬉しい!」
エレナ「面白い記念になるね♡」
ミスターKP「画像編集して後日送るから、期待して待っててね」

ブログ22

ルク「お次は”親父バンド”の第二弾「酔いどれ哀愁」を三郎さんが演奏してくれて・・・」

三郎歌いだし

ミスターKP「どうですかね」
ロム「し、しっとりした感じがいいですね」
ミスターKP「ロムさんもルクさんも曲にのめりごんでたね」
ルク「え!?あ、は、はい・・・い、いい歌ですね・・・」
ミスターKP「ボン太郎君もあんなに感動してくれて・・・CDが出来たら送るからね!」
ボン太郎「にゃーーーーー♡」
ロム「あ、ありがとうございます」

ブログ24

*後日・・・
ルク「新年会の写真、たくさん入ってるね♬」

ブログ24

ロミィ「きゃーーーーー!芸人さんみたいーーーー♡嬉し~♡♡」

ブログ25b

ロム・ルク(そ、そんなに!?)

ブログ26

ルク「ボンちゃん、ほらCD」

27ブログ

ラスト決定

ミスターKPの術中にはまりつつあるロムとルクを密かに歓迎しているボン太郎でありました。

ブログ29




お正月の風景②

ブログ15ラスト

次回は「なかよし*きょうだい日記」⑫カノアに春が来た!?、2月9日の更新予定です。
よろしくお願いいたします♡


ランキングに参加しております。

ありがとうございました(*´ω`*)






































[2018/01/26 17:00] | 森のカフェ便り | コメント(17) | page top
「森のカフェ便り」Vol14お正月の風景①
ミヒロ・ミロ「2018年、今年もどうぞよろしくお願いいたします♡」

ブログ1

カノア「僕とミームとミーガちゃんは頑張って御来光を拝みに行ってきました!」
ミーム「とっても綺麗だった!」
ミーガ「良い一年になりそうです!がっ!いやぁ、もう寒かったのなんの!身体には堪えたズラ」

ブログ2

ハルム「私たちは妖精の国に里帰り♡」
リセ「お気に入りの公園から、皆様のご多幸をお祈りいたしまーす!」

BUROGU

サリー「私とクラウディアは今年もゴージャス路線でゴー、ゴー、ゴー」

ブログ4

クラウディア「可憐に美しく♡」

ブログ5

リズ「お姉さま方は相変わらずアダルティーだわ~♡大人になったら私もあんな風になりたいな~♪ねぇ、クリスちゃん」

ブログ6

クリス「こんにちは!初登場のクリスと申します。ちょっとドキドキ・・・リズちゃんとはマブダチです。皆様よろしくお願いいたします」

ブログ7

リズ「私たちは初詣に行ってきた帰りなの。私ね、クリスちゃんとずっと仲良しでいられるようにってお願いしたよ!」
クリス「え!?そうなの!?」
リズ「えー、クリスちゃんはお願いしなかったんだ・・・」
クリス「だ、だって、だって神様にお願いしなくても、リズちゃんとはずっとマブダチだもん!」
リズ「そっかぁ・・・それもそうだね♡」
クリス「うん!」
リズ「一緒にいっぱい遊ぼうね♡」

ブログ8





ロム「一通り、ご挨拶が済んだところで・・・今年も”森のカフェ””森のカフェバー”をよろしくお願いいたします」
ルク「皆様はどんなお正月をお過ごしになられたでしょうか?今回はそれぞれの三が日を振り返って、レポートしてもらいましょう」
ロミィ「私たちは・・・やっぱり楽しいお正月になりました」
ロム「元旦からルクさんには助けていただいて・・・」
ルク「いいっすよー♪」
ロミィ「それは初詣からの帰り道・・・」

ブログ9

エメ「ロムさんは?」
ルク「凧あげの準備に行ったよ」
ロミィ「へぇ!」

ブログ10

ルク「ボートに乗って、湖から上げられたら最高って言ってたけど・・・」
ロミィ「それは楽しいですね!」

ブログ11

エメ「どこに居るのかしら?」

ブログ12

「〇▽◇*+・・・た・・・たす・・・け・・・」
ルク・ロミィ・エメ「ロムさん!!!!!!」

ブログ13

ルク「ロ、ロ、ロムさーーーーーーーーーん!」

ブログ14

ロム「ルクさんのおかげで、事なきを得ました」



エメ「”森のキンダーガーデン”では、みんなでお餅つき♬」
ラキ「重い杵も、ものともせずに一生懸命、ペッタンコ!」

ブログ15

マウ「紅白餅、たい焼きも美味しかった♡」
ヒナ子「お餅は少し食べづらかった・・・」

ブログ16

ブログ17

エメ「獅子舞の獅子君も飛び入り参加で」
ヒナ子「エメ助君はやっぱりビビりで・・・」

ブログ18

ヒナ子「獅子君はおめでたい存在だけど、エメ助君はえらいビビりなんで、気を悪くしないでください」
獅子「アイ・シィー、大丈夫です」

ブログ19



ヒナ子「そのエメ助君が、まさか・・・」
エメ「私もビックリ!」
ヒナ子「この日、一番のクライマックスとなった・・・」
ラキ・マウ「羽根つき!」

マウ「羽根つきもお正月の縁起物、厄除けや健康をお願いして楽しく遊びましょう!」
クリン「わぁ!可愛い羽子板♡」
エメ「ほら、エメ助も一緒に、ね♪」

ブログ20

マウ「クリンちゃんとミコちゃんの後・・・」
エメ「エメ助とミアちゃんで」
ラキ「ミアちゃんが羽根を返し損ねたところから」
ヒナ子「火が点いた・・・」

ブログ21b

エメ「ラリーがだんだん激しくなって」

ブログ25

ヒナ子「ついにミアちゃんの必殺技、トルネード打法が!」

ブログ22a

マウ「見切って返したエメ助君もすごかった!」

エメ助返し

ブログ24

エメ「結局なかなか決着がつかずに、両者引き分けとなりました」
ヒナ子「羽根つきで、こんなにヒートアップするとは」

ブログ26



ロミィ「もちろん、おせち料理もありました♪」
ルク「夜だけの営業だったので、勢揃いという訳にはいかなかったけど」

エメ助「すご~い!!!」
エメ「とってもゴージャスなおせち料理♡」
ロム「作り置きの分もあるから、遠慮しないで沢山召し上がってください」
エメ助「わーい!今日は激闘してお腹ペコペコ!いただきまーす!!!」

ブログ28

ロミィ「羽根つき、すごかったんだってね!」
ヒナ子「トルネーーード・ニャホー!!!」
ミア「エメ助は永遠のライバルにゃーーーー!」

ブログ29

コア「おおー!素晴らしい!」
マヤ「大みそかまでバタバタしていたから、本格的なおせち料理は有難いわぁ♡」
ルク「遠慮なくお召し上がりください!」

ブログ30



ルク「三が日は、それぞれこんな感じでお正月を楽しみました♪」
ロム「それにしてもミスターKPさんからの年賀状、インパクトあったね」
ロミィ「新年会のお誘いは、エレナちゃんからのメールで知ってたんですけど」

ロム「・・・相変わらずの独特のセンスと押しの強さだね・・・」
ルク「・・・これじゃ断れないよね・・・」
ロミィ「で、でもエレナちゃんに会える新年会は待ち遠しいですよ」

syoutaizyou.png




森カフェお正月①ST

森カフェ①ご挨拶

次回は「森のカフェ便り」Vol15お正月の風景②、1月26日の更新予定です。
よろしくお願いいたします。

ランキングに参加しております。

ありがとうございました(*´▽`*)












































[2018/01/12 17:00] | 森のカフェ便り | コメント(16) | page top
「森のカフェ便り」Vol13ルクの妹マカナのスイーツ教室
始まりは一通のメールでした。

マカナメール

こんにちは!ルクです。今月のはじめ、いきなりボクの妹、末っ子のマカナから一時帰国のメールが来たんです。ホク兄さんは、イギリスを拠点に活躍しているピアニストだけど、マカナはフランス、パリでパティシエの勉強をしています。
ロム「へぇ、パティシエの修行中・・・」
ロミィ「せっかくだから、是非、お菓子作り見たいですねぇ」
ロム「そうだね!ルクさん、妹さんに聞いてみてよ」

IMG_3185.jpg

ダメもとでマカナに言ったところ、すんなりオッケーで!キンダーガーデンをお借りして”マカナ・スイーツ教室”が実現の運びとなりました。ただ、ありがたいことに参加希望者が殺到・・・大人は抽選参加になりました。
一同「マカナ先生、ようこそ!!!」
マカナ「皆さん、こんにちは!歓迎ありがとうございます!」

IMG_3053.jpg

ルク「マカナ、ありがとう!」
マカナ「全部揃えてくれて嬉しい!今日は楽しくやりましょうね♪」
一同「よろしくお願いします」

IMG_3055.jpg

マカナ「まずは・・・生地作り。卵白、卵の白身をしっかり泡立てて”メレンゲ”を作ります」
この作業はミアちゃん、クリンちゃん、チッポロ君が張り切って担当。火を使う、生地に入れる溶かしバター担当はラキさん。
ミア「面白いな・・・」
チッポロ「ウイ~ン、ウイ~ン」

IMG_3061.jpg

マカナ「粉と溶かしバターを入れて、丁寧にしっかり混ぜてね」
ミアちゃん達、一年生トリオ、これもまた一生懸命に取り組んで・・・
クリン「いい匂いだね~♡」
ミア「私たち、天才かもニャー!」

IMG_3067.jpg

マカナ「その間にクリームを作りましょう♪このマカナ特製のシロップを入れるのがミソよ~♪」
クリーム作りはミコちゃん担当。

IMG_3073.jpg

ミア「お姉ちゃん、しっかりね~!ペロッとなめちゃダメだよ」
ミコ(グッ・・・バレてる)

IMG_3076.jpg

マカナ「みんな、ありがとう!いよいよ生地を焼きま~す!」
一同「わ~い!!!」

IMG_3081.jpg

ルク「ちびっ子君達には、クリームで飾り付けを手伝ってもらうからね♪」
チッピー・パム・ノエル「おおー♡」

IMG_3084.jpg

マカナ「これで・・・170度で28分焼く・・・」

IMG_3087.jpg

ルク「ボクは一足先にお店の方に戻るよ、後で寄って」
マカナ「うん、わかった」
ルク「よろしくね♪」

IMG_3093.jpg

マカナは小さい頃から、きょうだいにお菓子作りを教えていたけど、仕切り方は変わってないな(笑)でも一途にパティシエ修行に励んでいるマカナ、誇らしいよ!

パスチル

マカナ「は~い!お待たせ♡土台のクリームは塗っておいたので、みんなで飾り付けをやりましょう!」
ミコ「うわぁ!美味しそう」
クリン「私たちが作ったなんて!」

IMG_3103.jpg

マカナ「そう!上手だわ!次は・・・クリームの上にフルーツを乗せて」

IMG_3121.jpg

チッピー「ボクも上手?」
マカナ「うん!とっても上手!」

IMG_3122.jpg

マカナ「クリームを絞って、フルーツを乗せて♪」

ばるん

マカナ「さぁ、最後の一つ・・・」
ミア「最後はマカナ先生にお願いしなきゃ」
マカナ「OK♪」

IMG_3144.jpg

マカナ「ハイ!完成!」
一同「やったーーーーー!」
マカナ「お庭で食べましょ♡」

IMG_3152.jpg

一同「わ~い!」
マカナ「さぁ、切り分けるわよ♪」

IMG_3157.jpg

一同「きゃっほーーーーー♪」

IMG_3164.jpg

ラキ「みんなで作ったケーキだよ~♪」

IMG_3167.jpg

マカナ「きっと、とーっても美味しいわよ♪」
ロミィ「フフフ♡最高!」

IMG_3171.jpg

クリン「マカナ先生、どうもありがとう」
ミコ「とっても美味しかった♡」
コロン「ボクもパテシテさんになりたい♡」
ラキ「パティシエだよ」
ロミィ「本当にありがとうございました!」

IMG_3175.jpg

マカナのスイーツ教室は大好評だったみたいで、ボクも嬉しかった。
ルク「今日はありがとう!」
ロム「お疲れさまでした」
マカナ「”森のカフェ”、いいお店だね~♡」
ルク「特製”ルク・サンド”!どうぞお召し上がりください♬」
マカナ「可愛い~♡」

IMG_3178.jpg

マカナ「美味しかった!ご馳走様でした!ロムさんもありがとうございました」
ルク「隠し味はボクのは・ち・み・つ」
マカナ「へぇ~!じゃ、お兄ちゃんのハチミツを使って新しいスイーツ考えなきゃ♡」
ルク「エヘヘ。まぁ、頑張って・・・ハチミツと、それから寒くなるから、これも使って」

IMG_3179.jpg

マカナ「わぁ♡」
ルク「マフラー・・・ロミィちゃんと一緒に選んだから」

IMG_3180.jpg

ロム「素敵ですよ」
ルク「うん、可愛いじゃん」
マカナ「わぁ~♡・・・すごく嬉しい・・・大事に使うね!」

IMG_3182.jpg

無事にパリに戻ったマカナは、ハチミツを使ったスイーツの開発に燃えてるそうで(笑)ボクもマカナに負けないように新しいレシピを考案中!切磋琢磨の兄と妹だよ!



森カフェ13ST

森カフェ13ラスト

次回は「仲良し*きょうだい日記」⑪手作り♡クリスマスパーティー、12月8日の更新予定です。
よろしくお願いいたします♡


ランキングに参加しております。

応援ありがとうございました(*´ω`*)/~♡






































[2017/11/24 17:00] | 森のカフェ便り | コメント(18) | page top
「森のカフェ便り」 Vol12ハロウィンパーティー
ロム「明日のハロウィン、みんな楽しんでくれるかな・・・」
ボン太郎「ニャ、ニャーン♡」
ロム「そうだね、準備万端だもの・・・ハロウィンが終わると次はクリスマスか・・・」

IMG_2887.jpg

ロム「クリスマスと言えば、今年もロッタちゃん、モレフィちゃんに会えるかな・・・」
ボン太郎「ニャー♡♡」
ロム「また会いたいよね・・・元気かなぁ・・・ロッタちゃんとモレフィちゃん・・・」

冒頭2


こんにちは!森のカフェ、オーナーのロムです。皆様はどんなハロウィンをお過ごしになられた/なられるのでしょうか・・・
という訳で、今回は”森のカフェ”のハロウィンパーティーの様子をお伝えします♪

何やら熱気に満ちた森のカフェ。今年は、ハロウィンツリーのオーナメントに玉を当てて、それぞれに対応したお菓子をプレゼントするゲームを考えました。
玉を当てる順番はジャンケン。
ルク「ズルは無しだよ~。ゴーストが見張ってるよ、けけけのけ~」
ノエルちゃんは小さすぎて、エメさんとヒナ子さんは見ている方が面白いからって見学組に。
ミア「正々堂々の勝負だ!ニャオーン!」
エメ助「おぅ!いざ勝負だ!」

12-1.png

トップバッターを勝ち取ったのは、負けず嫌いのミアちゃん。見事に一番難しいオーナメントに当てて、お菓子をゲット。
実は、どのお菓子もボリューミーでとっても美味しいんだけどね。ちびっ子達も、下の方のオーナメントに挑戦して、みな無事にお菓子をゲット!

玉あて

それぞれ、ゲットしたお菓子を持って記念撮影。エメ助君は、お姉さんのエメさんと嬉しそうだったな~♪

page A

いよいよ、メイン会場でのパーティー。
ロミィ「ハロウィンサンドとパンダサンドをお持ちしました~♪みんな沢山食べてね」
チッポロ「僕たちは、すぐにお腹がいっぱいになっちゃうから、これでいいの♪」
クリン「キャ♡パンダちゃん、可愛い!」
ミア「ボンちゃん、かぼちゃのサンド頂戴」
ボン太郎「ニャアァ」
エメ助「お姉ちゃんと半分こがいい♡」

page3.jpg

食べ終えたところで、ミアちゃんとルクさんの”ドッキリ”が。ターゲットはエメ助君。
ミア「ニャア♡エメ助君にプレゼントがあるニャー♬」
エメ助「え!?わーい!」
ルク「この箱の中に入っているから♪」
エメ助「嬉しいなっ♪ありがとー!」

IMG_2633b.jpg

エメ助「ギャーーーーーーーーーーーー!!!」

エメ助ショック

エメ助「うえーーん!コワイーーーーーーーー!!!」
ルク(す、すんごいリアクション)
ヒナ子(エメ助君、めっちゃ”ビビり”やんか)
エメ「大丈夫、大丈夫だからね~、驚いちゃったのね♬」

エメ助ショック2

このビッグな?リアクションにはみんなも僕も、面白いやら微笑ましいやら・・・エメ助君、ごめんね、ありがとう!
そんな楽しい一コマを挟んで、お次はスイーツの登場!
ロミィ「ジャジャーン!ハロウィンケーキでーす♬(ゴクリ・・・私も食べたーい・・・)」
一同「おっきーーーー!」
ロミィ「ワンピースずつ、私がお届けいたしますので、しばしお待ちくださ~い」
ミコ「大盤振る舞いですなぁ~♬」
ヒナ子「食べきれるかしら?」
ミア「スイーツは別腹♬別腹♬」
エメ助「ひゃっほー!美味しそう!!!」
エメ「ウフフ♪もう、すっかりゴキゲンね♡」

page.jpg

ケーキを食べ終えたところで、今度はハロウィンサンデー♬
コロン「わ~い!パフェだ!」
クリン「サンデーだよ」
チッポロ「これも、でっかい!」
エメ「半分ずついただきましょう♡」
ヒナ子「ゲプッ・・・もう、幸せの満腹状態」

page2.jpg

ちびっ子達にはてんこ盛り過ぎた気もするメニューだったけど(笑)、最後はロミィ君のキーボードで歌って踊って、腹ごなし。

IMG_2645b.jpg

ミア「アンタ~、相当な”ビビり”やな~」
エメ助(・・・グ・・・グッ)

IMG_2648b.jpg

ミア「でも・・・可愛いわぁ♡エメ助」
エメ助「う゛・・・(微妙に嬉しい)」

IMG_2654b2.jpg

♬ハロウィン ハロウィン今日は楽しいパーティーだ♬ トリック オア トリート トリック オア トリート
 スイーツちょうだい スイーツちょうだい♬オバケと一緒に行進だ 魔女と一緒にイタズラするぞ
 今日は不思議がいっぱいのハッピー・ハッピー・ハッピー・ハロウィン♪  
 
IMG_2655b.jpg

準備には時間がかかったけど、楽しい時間はあっという間にすぎるもので・・・皆さんの笑顔を見ているうちにパーティーは無事に終了。
喜んでいただけて、僕もルクさんもロミィ君も心地よい疲労感の中で片づけを始めたんです。
ロミィ「みんな、美味しそうに食べてましたね♪」
ロム「片づけ終わったら、残ったケーキ食べていいからね」
ロミィ「わ♡ありがとうございます!楽しいパーティーになって・・・よ・・・よかっ・・・」

IMG_2717.jpg

ロミィ「・・・あ、あれ!?なんかグルグルする・・・?」
ロム「僕も・・・め、めまい!?・・・」
ルク「あれれ!?ボクも・・・」

めまいa

ロミィ・ロム・ルク「!!!」

後光A

♪デュワ デュワ デュワ デュワ♪

テスト

♪WE ARE ANGEL SISTERS 今日も元気に愛と夢をお届けしま~す~♪

ライトc

ロム「あ、あの・・・」
空「ビックリした?私はエンジェル・シスターズの長女、空(くう)です」
華「真ん中の華(はな)です。ロミィちゃん、はじめまして♡」
ロミィ「は、はじめまして・・・」
小雪「末っ子の小雪です。今日は頑張っている皆さんにステキな時間をお届けにあがりました」
空「15分間だけだけど・・・楽しんで!」

空華小雪

空・華・小雪「準備はいいかしら?ワン、ツー、スリー!!!」

2799c.png

ロミィ・ロム・ルク「ロッタちゃん!!?モレフィちゃん!!?」
ロッタ「はっぴいはろうぃん♡」
モレフィ「はっぴいはろうぃん♡」
ロミィ「わぁ!わぁ!元気してた!?」
ロム「ルクさん、ジュースと・・・」
ロミィ「ハロウィンケーキも」
ルク「オッケー!」

こんにちは1

ロミィ「いつも”バイロ日和”で、ロッタちゃんとモレフィちゃんのこと、見守ってるんだよ♡」
ロッタ「うれしいね♡」
モレフィ「うれしいよ♡」
ルク「時々、ハンスさんに怒られたりして(笑)」
ロム「クリスマス前に会えるなんて夢みたいだよ!」

IMG_2877b.png

ロミィ「ハロウィンケーキ、美味しいよ♡」
ルク「召し上がれ♬」
ロッタ「おかーさんのケーキもおいしかったけど、このケーキもおいしそう♡」
モレフィ「とちゅうでね♪おかーさんのケーキたべちゃった♪」
ロッタ「言っちゃだめだよ!」
ロミィ「じゃあ、お腹いっぱいかな?」
モレフィ「ケーキはべつばら、べつばら♬」
ロッタ「べつばらだから、だいじょーぶ♬はっぴいはろうぃん♪」
モレフィ「べつばらはろうぃん♪」

rotta morefi

ロッタ「やったー♡」
モレフィ「やったー♡」
ロミィ(うふふ♡可愛いなぁ・・・♡)

ケーキとロッタ、モレフィちゃん

あまりにも突然で、あまりにも嬉しくて・・・束の間の出来事でした♡
ロミィ「ああ、もう時間だね」
ルク「お名残り惜しいけど、またクリスマスに!」
ロム「来てくれてありがとう!」
ボン太郎「ニャニャン!」
一同「元気でね!バイバイ!またねーーーー!!!」

バイバイb

バイバイb

IMG_2882 (2)

ロミィ「・・・夢?じゃないですよね・・・」
ルク「夢じゃないよ」
ロミィ「こんなことって、あるんですね・・・」
ロム「・・・ハロウィンだからね」
ルク♪今日は不思議がいっぱいの~♬
ルク・ロム・ロミィ♬ハッピー・ハッピー・ハッピー・ハロウィン♪

IMG_2886.jpg



キャプチャb

森カフェハロウィンラスト

次回は「森のカフェバー」Vol2虹の道、11月10日の更新予定です。
よろしくお願いいたします♡

ランキングに参加しております。

応援ありがとうございました(*^。^*)

















































[2017/10/27 17:00] | 森のカフェ便り | コメント(14) | page top
| ホーム | 次のページ>>