「森のカフェ便り」Vol11初めてのセッション
こんにちは!ロミィです。今日は、夏に出会ったミュージシャン、エレナちゃん(「森のカフェバー」をご覧ください)との初めてのセッションのお話です。
ロムさんもルクさんも是非!ということで、みんなで一緒に行きました。

エレナ「いらっしゃい!!!」
ロミィ「エレナちゃん!!!素敵なスタジオだね!」
ロム「今流行りの倉庫スタジオだね」
ルク「カッコイイね~♪」

IMG_2070.jpg

エレナ「ありがとう!こちらは指導のほか、私のプロモーションもしてくれているミスターKP、そしてKPさんのお友達、ベーシストの三郎さん」
ミスターKP「よく来てくれました!大歓迎です」

IMG_2103.jpg

ロミィ「はじめまして、ロミィです」
ロム「森のカフェを経営しています、ロムです」
ルク「同じくルクです」
ミスターKP「今日は楽しくやりましょう!」
一同「よろしくお願いします!」

IMG_2111.jpg

早速、セッション開始!最初からエレナちゃんのドラムも、ルクさんのギターもノリノリで♪

IMG_1957.jpg

ルク「ロムさんもシャウトしちゃって」
ロム「いやぁ、つい」
ロミィ「ロムさん、歌、お上手ですよ」
ロム「ロミィ君は、さすがだったよ!」
ルク「KPさん、べた褒めだったね!」

IMG_1943.jpg

ミスターKP「ロミィ君、いいね!いいね!」

IMG_1977.jpg

エレナ「ロミィちゃん、キーボード弾いてよ」
三郎「お!グッサウンド!いいね!いいね!」

IMG_2026.jpg

ミスターKP「ロミィ君、キーボードもたいしたもんだ!」

IMG_2008.jpg

大きな倉庫で思う存分、演奏できたことだけでも嬉しかったのに、休憩時間に夢のようなお話が!

IMG_2153.jpg

ミスターKP「ロミィ君、ミュージカルスターを目指しているのは聞いてるけど、飛び入りでエレナと一緒に今度のライブに参加してもらえないかなぁ」
ロミィ「え!は、はい!喜んで!」

IMG_2157.jpg

エレナ「やった!!嬉しいっ!ロミィちゃん、よろしくね!」
ロミィ「私も嬉しい!こちらこそ!」

IMG_2195.jpg

エレナ「そうと決まれば・・・ここよりも、もっとゴキゲンなスタジオで二人でセッションしてみない?」
ロミィ「ホント!?もちろん!連れてってよ♪」

IMG_2207.jpg

ミスターKP「よっしゃー!こっちはこっちでゴキゲンな”親父バンド”でセッションだ♪」
ルク・ロム(オヤジ!!?・・・オヤジバンドだって!???)

IMG_2224 (2)

ロム2

ルク「アハ、ハ、KPさん、や、やだなぁ、ボクもロムさんも四捨五入しても30に届かない歳ですよ」
ミスターKP「おっと!ソーリー、ソーリー、サブちゃんと僕を基本にしちゃったよ(笑)」
ルク「たのんますよ~~~(笑)」
一同「(笑)(笑)(笑)」

汗 ルク

ミスターKP「うっしゃー!盛り上がったところで、いくぜっ!」

ロム「この時はKPさんのドラムと三郎さんのベース、ルクさんも二人の演奏に食らいついてきて、なかなかのものだったよね・・・」
ルク「ロムさんの即興インストゥルメンタルもかっこよかったよ・・・」

pageオヤジバンド2

ミスターKP「こりゃ、なかなかのサウンドだ!よっしゃ、今、ちょちょいと録音してCD作って、エレナのライブで販売しよう!
Are you オッケー?」
ルク「もちろん!」
ロム「光栄です」
ミスターKP「うん、うん!ジャケットもクールかつスタイリッシュな感じで!よし!ジャケットの写真撮影もやっちゃおう!」

フィルム2

ミスターKP「いいね、いいね~♪ちょっと加工して・・・CDとポスター出来たら送るから、期待してウェイト!ウェイトしてて!」
ルク・ロム(おお~♪こんな感じかな~?へへへ~♪)

ジャケット5



その頃、エレナちゃんと私は・・・近くのビルの屋上でセッション!
開かれた空間&爆音でノリノリ!

フィルム

エレナ「ウフフ♪ライブまで、もっと腕を上げておくわ!」
ロミィ「私も負けないからね~♪」

page屋上セッションbig

エレナちゃんとの出会いで、世界がまた少し広がった・・・エレナちゃんとは長いお付き合いになりそう♡
ルクさんもロムさんも楽しそうで、とってもHAPPYな一日だったなぁ♡♡♡


ロミィちゃんとエレナちゃんを驚かせたかったので、CDのことは内緒にしてもらったんです。ここからはボク、ルクとロムさんの後日談・・・
”瓢箪から駒!のような初めてのCD、僕らはワクワクしながら待ってました。

ロム「本当に届いたね!」

IMG_2317.jpg

ルク「ドキドキするね♪」
ロム「せーの!」

IMG_2318.jpg



IMG_2319.jpg

渦巻バンド2

ルク・ロム「・・・」

ルクとロム

ルク・ロム「・・・フゥ・・・」

IMG_2321 (4)

ルク「・・・ボク、帰るわ・・・」
ロム「・・・お疲れ・・・」

IMG_2323.jpg

ボン太郎「ニャ!ニャー♡(カッコイイじゃん!)」

ボン太郎2




森カフェ11STb

森カフェ11ラスト2

次回は新企画「ブライス写真館」Happy Halloween、10月13日の更新予定です。
よろしくお願いいたします♡


ランキングに参加しております♡」

温かい応援ありがとうございます♡





























スポンサーサイト
[2017/09/29 17:00] | 森のカフェ便り | コメント(18) | page top
「仲良し*きょうだい日記」⑩ミームの初舞台
こんにちは!今回は私、ミームの初舞台、発表会のお話です。

ムジーク「今日はここまでにしましょう。さてと・・・今度の発表会にミーム君、出てみないかな?」
ミーガ「年に2回ある発表会は、ムジーク先生がいいと思った生徒しか出られないステージで、選ばれること自体がすごいことズラ」

IMG_1215.jpg

ムジーク「いつもの天真爛漫なミーム君で歌えば、大丈夫」
ミーム「わぁ!」

IMG_1219.jpg

ムジーク「今回は”花”をテーマにいろんな花の歌で構成されたステージで・・・ミーム君はトップバッターでセリフもあるよ、出来るかな?」

kasi.png

ミーム「はい!もちろん!頑張ります!」
ミーガ「やったね!ミームちゃん!」

IMG_1221.jpg

ムジーク「では、ますます張り切って練習してください」
ミーム「はい!」

IMG_1224.jpg

ムジーク先生の発表も嬉しかったけど、帰ったらもう一つ嬉しいサプライズが!
ミロ「おめでとう!ミーム!ミヒロ姉さんと私からのプレゼント♡これを着て舞台に立って♡」

お姉ちゃんたちは、ムジーク先生から前もって知らされていて用意してくれたの!
ミロ「良く似合ってる!」
ミーガ「トップバッター、ばっちりズラ!」
ミーム「わぁ・・・♡」

ミロ

ミーム「ホントに、ホントにありがとう!ありがとう、お姉ちゃん!!!」

IMG_1229.jpg

カノア兄ちゃんは、時間を見つけては練習に付き合ってくれて、いろんなアドバイスをしてくれたの。

カノア指導

カノア「その調子!ミームのいいところはホントーに楽しそうに歌うところだから!今みたいに心から楽しく歌えるように練習していけばオッケーだよ!」

IMG_1238.jpg

薔薇のお花畑にも行って、歌を聞いてもらって、毎日楽しく練習したの。もちろんムジーク先生のレッスンも一生懸命!発表会が待ち遠しかった・・・

フィルター3

フィルター

・・・実際に舞台に立ってみるまでは・・・。この日は発表会の前日。最初で最後のリハーサルだったの。

ドーン

ミーム(う、うそ・・・)

1361-1 (2)

ミーガ「ホールの広さに、ミームちゃん、我を忘れてしまったズラ」
ミーム「頭の中が真っ白、足もガクガク震えてきて・・・」
ミーガ「いったん引っ込んじゃって。戻ったはいいけど、蚊の鳴くような声でなんとか歌って」
ミーガ「先生やミーガちゃんのこともわからなかった」

1357-1.jpg

ムジーク「・・・」
ミーガ「先生、ミームちゃんは本番には強いんで・・・」
ムジーク「・・・フム」

客席1 (3)

様子を聞いたお姉ちゃん、カノア兄ちゃん、ミーガちゃんも”いつも通りでいいから””ミームが楽しければいいのよ”なんて言ってくれたけど・・・発表会に出ますなんて言わなければよかった、私にはまだ早かったんだ、そんなことばかり考えて・・・その夜は怖くて、どうしようもなくて・・・涙が止まらなかったの。

妖精A「ミームちゃんたら、泣き疲れて眠っちゃって」
妖精B「ミームちゃん、こんばんは♪」
ミーム「ん・・・ん?うわ・・・私、飛んでるの?」
妖精C「あのね、ミームちゃんに会いたいって」
ミーム「・・・誰が?」
妖精D「一緒についてきて♡」

妖精たち (3)

ミーム「わぁ!!!きれいなところ!」
妖精E「ウフフ♡気に入ってもらえて嬉しいわ。あともうちょっとだから」
ミーム「?」

妖精&ミーム (2)a

妖精E「あの方が薔薇の女王様よ♡」
ミーム「わ~!!!」
妖精E「さあ、ここからはミームちゃん、一人で」

妖精の森3 (2)

薔薇の女王「ようこそ♡よく来てくれたわね」
ミーム「こんにちは、女王様♡」

bara (2)

薔薇の女王「私のお部屋に行きましょう♪」

渦巻2

薔薇の女王「♪ルルル~♪ルルルン♪」
ミーム「わぁ♡素敵♡」
薔薇の女王「ウフフ♡一緒に歌いましょ♪」
ミーム・薔薇の女王「♪ルルル~♪ルルルン♪・・・」
薔薇の女王「今度は一緒に”薔薇の歌”を歌いましょう」

薔薇の力A

薔薇の女王「♪待ち焦がれたの この時を~」
ミーム「わぁ!女王様、とっても上手!!!」
薔薇の女王「ミームちゃんのおかげよ、毎日聞かせてくれたでしょ♡ねぇ、明日の発表会も一緒に歌いましょう!」
ミーム「・・・え?・・・出来るかな」
薔薇の女王「もちろん♡ミームちゃんは一人じゃないもの」

薔薇の力B

薔薇の渦巻2

ミーガ「翌朝はリハーサルとはうって変わって元気になってて・・・やっぱ本番には強いズラ」

お客様はいーっぱいだったけど、全然怖くなかった!ドキドキはしたけど、とっても楽しかったの!
ミーム「皆様、本日はようこそ!第27回ムジーク・アカデミー発表会にいらっしゃいました。今回のテーマは”花”。色とりどりの花々の歌を私たちが心をこめて歌います。どうぞ最後までお楽しみください。では最初の歌”薔薇の歌”です」
薔薇の精(ミームちゃん、私たちも一緒だよ)

私の薔薇

♪待ち焦がれたの この時を
薔薇の精(♪私たちも~)

ラスト1

♪耳を澄ませば 優しい歌声が聞こえてくるよ
薔薇の精(♪歌っているよ~)

b.png

♪ランララン ランララン
薔薇の精(♪ランララン ランララン)
♪一緒に歌おうね
薔薇の精(♪一緒に歌おうね)

c.png

ミーム(薔薇の女王様、ありがとう!)

a-1.jpg




ミヒロブログ⑩ST

ミヒロブログ⑩ラスト2

次回は「森のカフェ便り」Vol11初めてのセッション、9月29日の更新予定です。
よろしくお願いいたします♡




































[2017/09/15 17:00] | 仲良し*きょうだい日記 | コメント(14) | page top
「森のカフェ便り」 Vol10森のカフェ祭り②

エメ助の手紙

ワッショイ!ワッショイ!
エメ助「わ、わ、近づいてくる」
ワッショイ!ワッショイ!

森の祭りラスト2

エメ助(あ!あの人がきっと”エメさん”だ!)
エメ(・・・ん?…)
エメ助(わわ、見つからないように小さくなろう)

ブログ②ー2

エメ(・・・誰か・・・いる?ような・・・)
エメ助(・・・見つかりませんように…)
ワッショイ!ワッショイ!

ブログ②ー3

ミア「あ~、疲れてきたよ~」
ミコ「山車に乗っていればよかったのに」
ミア「だって、すんごい揺れるんだもん」
ルク「一番上は、コツと運動神経が要るんだよ」
ミコ「プププ・・・」
ミア(💢)
ロム「小学校でゴールだから頑張って!」
ルク「ボクらは、そこから湖畔の方へ花火を見に行くけどね♬」
ロム「来たかったら、大歓迎ですよ!」
ミコ「ご冗談を」
ヒナ子「私も少し疲れてきたので、花火は家から見ます」

ブログ②ー4

エメ助「ふぅ・・・行っちゃった・・・・・・・・・・・・湖畔か・・・」


ブログ②ー5

ラニ「みんな!ゴールおめでとう!お疲れ様~!」

ブログ②ー6

ロミィ「ラニ先生!」
ミコ「マヤ先生!」
ミア「わーい!ゲームだ!」

ブログ②ー7

クリン「とっても面白かった!ヨーヨーもゲットした!」
ラニ「よかったね♬」

ブログ②ー8

ルク「どうぞ、自由に食べてください」
ヒナ子「わ~い!おやつだ♬」

ブログ②ー9

ヒナ子「疲れた時には、甘いものにかぎります♡」
ボン太郎「にゃ~♡」

ブログ②ー10

ミコ「ああ、生き返る♬偉大なり、おやつの力」

ブログ②ー11

ヒナ子「ルクさんとタイミングを合わせなきゃ」
ルク「せーの、で一緒に押し込もう」
ミア「ムム・・・ムズイ」

ブログ②-12

ミア「ほら、クリンちゃん、タイミング!タイミングなんだよ!」
クリン「ヨーヨーより、ム、ムズイ」

ブログ②ー13

ヒナ子(ああ・・・いつものミア&クリンコンビだ)
ミコ「見晴らし、いいなぁ~!」

ブログ②ー14

ルク「じゃ、ラニ先生、いろいろお世話になりました!ありがとうございました!」
ラニ「いえいえ、お気をつけて」

ブログ②ー15

ロミィ「ありがとうございました!」
ミア「エメさんも、またね♬」
エメ「楽しかったわ、ありがとう!ゆっくり休んでね」
マヤ「いい思い出になったわね♬」

ブログ②ー16

エメ「わぁ、よく見える♬」
ロミィ「ここまで来た甲斐があったね♬」
ロム「たまや~!かぎや~!」

ブログ②ー17

エメ「・・・!!・・・ほら、出てらっしゃい♪」
エメ助(ば、ばれた・・・万事休す)

ブログ②-19

ルク「エメ助君!!!」
ロム「この間は大丈夫だったの!?」
エメ助「あ、ぼ、ぼく、ご・・・ごめ、ごめん」

ブログ②ー20

エメ「エメ助ったら!もう!どこに行ってたのよ、いつ来るのかと思って、お姉ちゃん心配だったわよ!」
エメ助「!!!」
ルク「そうだよ!」
ロム「エメ助君は、とってもシャイなんだね♬」

ブログ②ー21

エメ「一緒に座りましょう♡」

ブログ②ー22

エメ助「あ、あの・・・」
エメ「フフフ♡今日から、私がお姉ちゃん。あ、エメ助君は構わないかしら?」
エメ助「も、もちろん!・・・あのね、あの・・・ぼ、ぼく、ほ、本当のことをい、言おうとお、思ったんだけど」
エメ「苦しかったでしょ・・・みんな、気にしないと思うけど・・・本当のことは言いたくなったら言えばいいから♡」
エメ助「ありがとう。お、お姉ちゃん」
エメ「これからは堂々と遊びに来てね♡」
エメ助「うん」
エメ「それから・・・森の中でバレバレだったわよ(笑)」
エメ助「えへへ♬お姉ちゃんだけ気付いてたね」
エメ「当然よ、お姉ちゃんだもん♬」

ブログ②ー23

ロミィ「エメさん、弟って?・・・」
エメ「今日から、私、エメ助のお姉さんになりました~♬」
ロミィ「そう!私はエメさんの親戚のロミィ。エメ助君も今日から親戚だね!よろしくね♡」
エメ助「はい!ぼく、とっても嬉しい!」

ブログ②ー24

エメ「ハルムちゃん!リセちゃん!」
ハルム「神出鬼没の妖精コンビなり~♬」
ロミィ「こんばんは!」
エメ助「こんばんは!」
ルク「賑やかになったね!」

ブログ②ー25

リセ「花火に間に合ってよかった♪」
ハルム「すごくキレイだね♡」

ブログ②ー26

ルク「大迫力!」

ブログ②ー27

こうして、森のカフェの夏祭りは無事に楽しく終わりました。エメ助君は、とっても”はにかみ屋さん”だけど、これからゆっくり馴染んでいけばいいさ♬
ボン太郎「にゃ~♡」

ブログ②ー28

森カフェ⑩ST

お知らせ

次回「仲良し*きょうだい日記」⑩ミームの初舞台は9月15日の更新予定です。
よろしくお願いいたします♡



























[2017/09/01 17:00] | 森のカフェ便り | コメント(12) | page top
| ホーム |