「森のカフェ便り」Vol13ルクの妹マカナのスイーツ教室
始まりは一通のメールでした。

マカナメール

こんにちは!ルクです。今月のはじめ、いきなりボクの妹、末っ子のマカナから一時帰国のメールが来たんです。ホク兄さんは、イギリスを拠点に活躍しているピアニストだけど、マカナはフランス、パリでパティシエの勉強をしています。
ロム「へぇ、パティシエの修行中・・・」
ロミィ「せっかくだから、是非、お菓子作り見たいですねぇ」
ロム「そうだね!ルクさん、妹さんに聞いてみてよ」

IMG_3185.jpg

ダメもとでマカナに言ったところ、すんなりオッケーで!キンダーガーデンをお借りして”マカナ・スイーツ教室”が実現の運びとなりました。ただ、ありがたいことに参加希望者が殺到・・・大人は抽選参加になりました。
一同「マカナ先生、ようこそ!!!」
マカナ「皆さん、こんにちは!歓迎ありがとうございます!」

IMG_3053.jpg

ルク「マカナ、ありがとう!」
マカナ「全部揃えてくれて嬉しい!今日は楽しくやりましょうね♪」
一同「よろしくお願いします」

IMG_3055.jpg

マカナ「まずは・・・生地作り。卵白、卵の白身をしっかり泡立てて”メレンゲ”を作ります」
この作業はミアちゃん、クリンちゃん、チッポロ君が張り切って担当。火を使う、生地に入れる溶かしバター担当はラキさん。
ミア「面白いな・・・」
チッポロ「ウイ~ン、ウイ~ン」

IMG_3061.jpg

マカナ「粉と溶かしバターを入れて、丁寧にしっかり混ぜてね」
ミアちゃん達、一年生トリオ、これもまた一生懸命に取り組んで・・・
クリン「いい匂いだね~♡」
ミア「私たち、天才かもニャー!」

IMG_3067.jpg

マカナ「その間にクリームを作りましょう♪このマカナ特製のシロップを入れるのがミソよ~♪」
クリーム作りはミコちゃん担当。

IMG_3073.jpg

ミア「お姉ちゃん、しっかりね~!ペロッとなめちゃダメだよ」
ミコ(グッ・・・バレてる)

IMG_3076.jpg

マカナ「みんな、ありがとう!いよいよ生地を焼きま~す!」
一同「わ~い!!!」

IMG_3081.jpg

ルク「ちびっ子君達には、クリームで飾り付けを手伝ってもらうからね♪」
チッピー・パム・ノエル「おおー♡」

IMG_3084.jpg

マカナ「これで・・・170度で28分焼く・・・」

IMG_3087.jpg

ルク「ボクは一足先にお店の方に戻るよ、後で寄って」
マカナ「うん、わかった」
ルク「よろしくね♪」

IMG_3093.jpg

マカナは小さい頃から、きょうだいにお菓子作りを教えていたけど、仕切り方は変わってないな(笑)でも一途にパティシエ修行に励んでいるマカナ、誇らしいよ!

パスチル

マカナ「は~い!お待たせ♡土台のクリームは塗っておいたので、みんなで飾り付けをやりましょう!」
ミコ「うわぁ!美味しそう」
クリン「私たちが作ったなんて!」

IMG_3103.jpg

マカナ「そう!上手だわ!次は・・・クリームの上にフルーツを乗せて」

IMG_3121.jpg

チッピー「ボクも上手?」
マカナ「うん!とっても上手!」

IMG_3122.jpg

マカナ「クリームを絞って、フルーツを乗せて♪」

ばるん

マカナ「さぁ、最後の一つ・・・」
ミア「最後はマカナ先生にお願いしなきゃ」
マカナ「OK♪」

IMG_3144.jpg

マカナ「ハイ!完成!」
一同「やったーーーーー!」
マカナ「お庭で食べましょ♡」

IMG_3152.jpg

一同「わ~い!」
マカナ「さぁ、切り分けるわよ♪」

IMG_3157.jpg

一同「きゃっほーーーーー♪」

IMG_3164.jpg

ラキ「みんなで作ったケーキだよ~♪」

IMG_3167.jpg

マカナ「きっと、とーっても美味しいわよ♪」
ロミィ「フフフ♡最高!」

IMG_3171.jpg

クリン「マカナ先生、どうもありがとう」
ミコ「とっても美味しかった♡」
コロン「ボクもパテシテさんになりたい♡」
ラキ「パティシエだよ」
ロミィ「本当にありがとうございました!」

IMG_3175.jpg

マカナのスイーツ教室は大好評だったみたいで、ボクも嬉しかった。
ルク「今日はありがとう!」
ロム「お疲れさまでした」
マカナ「”森のカフェ”、いいお店だね~♡」
ルク「特製”ルク・サンド”!どうぞお召し上がりください♬」
マカナ「可愛い~♡」

IMG_3178.jpg

マカナ「美味しかった!ご馳走様でした!ロムさんもありがとうございました」
ルク「隠し味はボクのは・ち・み・つ」
マカナ「へぇ~!じゃ、お兄ちゃんのハチミツを使って新しいスイーツ考えなきゃ♡」
ルク「エヘヘ。まぁ、頑張って・・・ハチミツと、それから寒くなるから、これも使って」

IMG_3179.jpg

マカナ「わぁ♡」
ルク「マフラー・・・ロミィちゃんと一緒に選んだから」

IMG_3180.jpg

ロム「素敵ですよ」
ルク「うん、可愛いじゃん」
マカナ「わぁ~♡・・・すごく嬉しい・・・大事に使うね!」

IMG_3182.jpg

無事にパリに戻ったマカナは、ハチミツを使ったスイーツの開発に燃えてるそうで(笑)ボクもマカナに負けないように新しいレシピを考案中!切磋琢磨の兄と妹だよ!



森カフェ13ST

森カフェ13ラスト

次回は「仲良し*きょうだい日記」⑪手作り♡クリスマスパーティー、12月8日の更新予定です。
よろしくお願いいたします♡


ランキングに参加しております。

応援ありがとうございました(*´ω`*)/~♡






































スポンサーサイト
[2017/11/24 17:00] | 森のカフェ便り | コメント(18) | page top
「森のカフェバー」 Vol2虹の道
ローズ・メイ「姐さん、今日はヒナ子さんに会えますね!」
ミーガ「・・・」
コータロー「あれ?嬉しくないんですか?」
モモ「お腹痛いの?」
ミーガ「なんだか・・・嫌な予感がするんだよ」
一同「?」
ミーガ「ヒナ子さんのことを考えると、すごい胸騒ぎがする・・・」
ローズ・メイ「じゃ、早く行きましょう!」

IMG_3027 (2)

エメ「へぇ、今夜はヒナ子さんとお友達が来るの?」
ロミィ「めちゃくちゃ楽しい方たちなんですよ♪」
エメ「楽しみ♪ラッキーだったわね」
ロム「それにしてもヒナ子さん、ちょっと遅いね・・・」

IMG_2981.jpg

ロム「いらっしゃい!」
ミーガ「あの、ヒナ子さんは?」
ロミィ「めずらしく、まだいらしてません」
ミーガ「・・・」
ロム「・・・もしもし、ミコちゃん、ロムです。夜遅くにごめんなさい。ヒナ子さんって・・・え?”お気に入りの場所”で本を読んでからこっちに来るって?お昼過ぎには出た・・・ありがとう、うん、大丈夫」
ロミィ「寝ちゃったのかな?」
ロム「ちょっと、車で見てきましょう。ロミィ君、あとをお願い」
コータロー「ミーガさん、黙っちゃった」
ローズ・メイ「姐さん、ものすごく集中してる・・・」
ミーガ「私たちも捜してきます!」

シーン4

その数時間前・・・
ヒナ子「この場所は落ち着くわ・・・寒くもなく暑くもなく、空気も澄んで物事を考えるにはピッタリ♬・・・”われ思う故にわれあり”・・・そうよね、もしかしたら周りの世界なんて、全部嘘で・・・ヒナ子も鳥じゃないのかもしれない・・・深いわ・・・でも、取りあえず今日は大好きなミーガ姉さんに会えるから、ウフフ・・・嬉しいな♡」

ルンルンヒナ子

ヒナ子「ミーガ姉さんが教えてくれた”虹の道”(「森のカフェバー」ミッドナイトドリームをご覧ください)・・・行きたいところを強く思い浮かべると、そのうち目の前が開けて”虹の道”が現れるって・・・私は、それらしい渦のようなものはチラッと見えるんだけど・・・一人の時はやらないでって言われてるけど、ミーガさんのお家に迎えに行ったら、ウフフ♬みんなビックリするだろうな・・・よし!”虹の道”に集中!!!」

IMG_3022.jpg


ローズ・メイ「どこを捜すんですか?」
ミーガ「集中してヒナ子さんの足取りを感じ取ろうとしてるんだけど、どうやら”虹の道”の途中で、どこかの次元に落ち込んでしまったような」
ローズ・メイ「ええっ!!!や、やばい!」
ミーガ「コータロー君、モモちゃんも力を貸して。みんなでヒナ子さんを捜しに行くから」
ローズ・メイ「わかった。”虹の道”に戻ってヒナ子さんの気配を捜そう」
ミーガ「みんな、頑張ろう!」

IMG_3026.jpg


ヒナ子「あれ!?渦の入口がはっきり見える!あれだわ!わぁ♪ふわふわして気持ちいい~♡」

そもそも

虹の道とヒナ子さん

ヒナ子「わ!?わ!?わ!?きゃーーーーーーーーーーーーーー!!!」

ヒナ子と渦b

洞窟1

ヒナ子「ここ・・・どこ???」

洞窟2b


モモ「いつもの楽しくてきれいな”虹の道”だけど・・・」
ミーガ(違う・・・いつもと違ってかすかに異次元の気配がある)

ミーガと虹の道b

ローズ・メイ「あれは!?」
ミーガ「あった!!!この先にきっとヒナ子さんがいる!」
ローズ・メイ「みんな、気をつけて!入るよ!!!」

破れb

モモ「きゃーー!!!」
コータロー「モモーー!!」
ミーガ「頑張れ!!!」

吹雪テスト


ヒナ子「と、とにかく出口を探さなきゃ・・・」

洞窟4

ヒナ子「誰か、いませんか!・・・ハァ・・・助けてください!!!誰か!!!」

洞3

ヒナ子「ハァ・・・ハァ・・・あそこ・・・出口?・・・ヒナ子、頑張れ・・・もうちょっと・・・ヒナ子、頑張れ、森のカフェバーまで・・・もうちょっと、頑張れ・・・ハァ・・・ハァ」

洞6a

ヒナ子「な、何!?・・・ここ・・・だ、誰か・・・誰か!!誰か!!誰かいませんか!!!・・・」

出口a


ミーガ「トンネルは抜けたけど・・・さらに闇が深くなって入口も増えて・・・見当もつかない」
ローズ・メイ「姐さん、ここが勝負ですよ!ヒナ子さんの姿をもっと強く思い浮かべましょう!」

入口2

ヒナ子「もう疲れて動けない・・・今日は、今日は楽しい一日になるはずだったのに・・・ミーガさん、ローズさん、コータロー君、モモちゃん・・・ごめんなさい・・・ミコ、ミアちゃん、ロムさん・・・森のカフェのみんな・・・会いたいよ、おうちに・・・帰りたいよ…もう…ダメだ・・・お姉ちゃん・・・」

ヒナ子の涙b

一同「!!!」

入口 追加1a

コータロー「ヒナ子さんだ!」
ミーガ「あの道だ!!!」

namidaヒナ子 (2)

ローズ・メイ「突入!コータロー君、モモちゃん、つかまって!」
ミーガ「待ってて!ヒナ子ちゃん!!!」

ミーガ突入b

コータロー「すごい!あ、嵐!」
ミーガ「頑張って!」
モモ「わーーーーーーーーーーーーーーーー!」

闘いb

一同「ヒ、ヒナ子さん!!!」

発見1

ミーガ「気を失ってる・・・脈も弱い・・・」
ローズ・メイ「ミーガさん、ここは、やたらと体力を奪われます」
ミーガ「みんな!最後の力を振り絞って、ここから出よう!」
コータロー「う、う、が、頑張るぞ」
モモ「も、モモも!」

発見2b

空「あら!?」
華「いちゃいけない所に」
小雪「行きましょう!」

発見3b1

空「ここにいちゃ、いけないわ」
ミーガ「あ、あなたたちは!?」
華「私たちが先導しますから、一緒についてきてください」
ローズ・メイ「あ、ありがとうございます!!!」
小雪「お安い御用、こんなところに長居は無用、行きましょう!」

救出1c

コータロー「あっという間に”虹の道”に戻って来た・・・」
空「この”虹の道”も、もろくなる時があって・・・そういう時には私たちが出来る限りパトロールをしているの」
小雪「私たちは、愛と夢を護るエンジェル・シスターズ♪」
華「で、どちらまで?」
ローズ・メイ「森のカフェバーって、ご存知ですか?」
空「ええ!もちろん!私たちも大好きな場所よ」

帰り道

華「ここで降りれば、森のカフェバーの前よ」
ミーガ「私はミーガで・・・」
空「ええ、知っています♪うふふ♡ローズ・メイさんにコータロー君、モモちゃん、そしてヒナ子さん」
小雪「私たちは、またパトロールに戻らなくっちゃ!バイバーイ、またね♡」
ミーガ「あ、ありがとうございました!」

帰り道A


「ミーガさん!ヒナ子さん!!!」

驚き

エメ「まぁ、大変!」

IMG_2995d.jpg

ヒナ子「ふぅー・・・」
「ヒナ子さん!!!」

IMG_2997.jpg

エメ「もう大丈夫、今度は・・・ミーガさんから順番に」
ロミィ「エメさんは”癒しの妖精”だから、安心してください」

IMG_3000b.jpg

ミーガ「ヒナ子ちゃん、ほ、ホントによかった・・・」
ヒナ子「ミーガ姉さん、ローズさん、コータロー君、モモちゃん・・・あ、ありがとう!ロムさん、ルクさん、ロミィちゃん、そしてエメさん!みなさん、ごめんなさい、本当にありがとうございました」

IMG_3007b.jpg

ロム「とにかく、皆無事でよかった!」
ルク「ヒナ子さんを捜し出してくれたんだから、今夜はなんでも店のおごりだよ!もちろんエメさんも!」
モモ「ひゃっほー!!!」

IMG_3004b.jpg

ミーガ「もう、一人で”虹の道”に入らないでくださいね・・・ヒナ子さんに何かあったら、私・・・」
ヒナ子「ごめんなさい。気を失う寸前に思い浮かべたのはミーガさんのお顔でした。助けに来てくださって・・・何てお礼を」
ミーガ「いいんですよ、もう二度と一人っきりで冒険はしないでね」
ヒナ子「はい」
ミーガ「今度は二人で”虹の道散歩”に行きましょう」

二つの涙b



カフェバー3ST1

カフェバー3ラストAA

次回は「森のカフェ便り」Vol13ルクの妹マカナのスイーツ教室、11月24日の更新予定です。
よろしくお願いいたします♡

ランキングに参加しております。

応援ありがとうございました(*´ω`*)ゞ















































































































[2017/11/10 17:00] | 森のカフェバー | コメント(17) | page top
| ホーム |