FC2ブログ
「森のカフェ便り」Vol16妖精会議
ヒナ子「あんなに怖い目に遭った場所だけど、あそこで本を読んだり考え事をしたりするの、好きだったな・・・」(「森のカフェバー」Vol12虹の道をご覧ください)
ロム「ああ、森のキャンプ場ね」
ルク「でもねぇ、君子危うきに近寄らずって言うからね」
ヒナ子「テントも撤去したんですか?」
ロム「うん、今は何にもないよ」
ヒナ子「そうですよね・・・」

ヒナ子回想


長老「皆、ご苦労様、これより今年初めの妖精会議を開催します」

森5 (2)a

執事「今日の課題は昨年の秋に起きた由々しき事態についてです」
空「すでにご存じのように、憩いの森”Bゾーン”にて妖精族でも訓練も受けたことのないヒナ子さんが、突然”虹の道”から暗黒世界に吸い込まれるという事件が起こりました」

妖精会議 勢揃い (3)

長老「勇敢なミーガさん、ローズさん、コータロー君、モモちゃん、そしてシスターズ、エメさんの手助けもあって事なきを得たのじゃが、大変懸念される事態じゃ・・・」

妖精会議2

華「結界が薄くなったことが原因と思われます」
長老「あの一帯は、元々いくつかの世界が重なり交わる不安定なゾーンなんじゃ」
リセ「ヒナ子さんが、あの場所だと集中できると言ったのは、その時はそういう雰囲気に包まれていたからですか?」
長老「そうじゃ。だが、そういった静謐な空気が永遠に続く訳ではないのじゃ」
小雪「でも暗黒世界は直にこの世界に接することは出来ないの」
長老「ここから結界を張って、暗黒世界との間にクッションとなるような世界を挟んでおったからじゃが」

世界の説明1

ハルム「去年、それが突然裂けた・・・」

裂けた世界

長老「再度、結界を張り直して今は落ち着いているんじゃが・・・そもそも”虹の道”を使って、一般の者が誘い込まれるという事態が考えられん」
リセ「暗黒世界の力が強まっているのですか?」
長老「どうじゃろう・・・暗黒世界には、その原動力となるものがほとんどないはずじゃから、存在はし続けるが
大きくも小さくもならんというのが定説じゃ」

妖精会議 勢揃い2 (3)

ミャオ♪もーつれた世界をとーきほぐせー♪
パンタ♬せーかいの謎をとーきあかせー♫

妖精会議2 (2)

空「長老様、今からみんなでBゾーンに行ってみましょうよ!」
長老「ふむ。それぞれに感じるものがあるやもしれん」

提案 (2)a

パンタ「シープーさーん♪」
ミャオ「シープーさーん!”長老の扉”までお願いします!」
長老「パンタとミャオも来てくれるか」
パンタ・ミャオ「もーちろん!!」

シープーさん

華「長老様、暗黒世界は”生”の世界とは簡単にコンタクトがとれないはずですよね・・・」
小雪「”虹の道”やクッションの世界が弱まっているのかもしれませんね」
パンタ♬とーきあかーせ♫
ミャオ♫とーきほぐせー♪
エメ(可愛いわぁ♡)

出発だ (2)

ハルム「・・・心配だよね・・・」

出発だ2 (2)

パンタ♪せーかいの謎をとーきあかせー♬
ハルム・リセ「解き明かせ♬」

出発だ3 (2)

長老「さあ着いた」
華「”長老の扉”は直ぐに目的地に行けるから便利♡」
執事「長老様、お気をつけて。私はここでお帰りをお待ちしております」
長老「すまないね、ではまた」

出発だ4

扉

小雪「今はもう不穏な空気は流れていないわね」
華「だけど・・・不安定な感じはする・・・」

現地1 (4)

エメ「あ!エメ助!?」

エメ助出現b1

エメ「私たち、ヒナ子さんの事件を調査しに来たの」
エメ助「ボクも・・・去年の夏にここから入って来たんだけど・・・結界が脆くなってたんだよ」(「森のカフェ便り」Vol9それぞれの夏)
長老「君は妖怪族だね、そうか・・・」
エメ助「うん、だから悪い妖怪がうろつかないようにボクも時々見に来るんだよ」
長老「フム・・・」

現地2 (3)

空「長老様、原因と解決策がハッキリするまで、とりあえずバリアを張って立ち入り禁止にしたらどうでしょう?」
リセ(そこまでしなくちゃいけないのか…)

リセがっかり (2)

長老「・・・・・・出店を出すか」
一同「!!!?」

出店

長老「ここに休憩所を設けて、わしらが交代で番をするんじゃ!」
華「え!?長老様も?」
長老「もちろんじゃ!ほれ、妖精水をお出しすれば喜ばれるじゃろう」
空「もしかして・・・長老様も森カフェのみんなと友達になりたい、とか?」
長老「えっ、、、い、いやいやいや、わしはほれ、その」

長老の恥じらいb

ハルム「さすが長老様!!!」
リセ「長老様がいらしてくださったら、安心して開放できますね」
長老「そ、そうじゃろう、ここは立ち入り禁止にしてしまうにはもったいない場所じゃよ」
エメ助「じゃ、ボク、みんなに知らせるよ!」
空「優しいおじいちゃんの休憩所が出来たって言ってね!」

出店決定b (3)

長老(・・・おじいちゃんか…)
華「長老様はお若いですが、威厳がおありになるので、その方が親しみやすいと思いますよ♬」
小雪「私たちもお店番いたします♪」

出店決定ラスト (2)


ロム「こんにちは!エメ助君に聞いて来ました」
長老「これはこれは!ロムさん、皆さんもこれからは安心して遊びに来てくだされ」

IMG_4709.jpg

ヒナ子「本もたくさんある♡」
チッポロ「ウレシイなぁ♡」

IMG_4710.jpg

長老「ここでお出しできるのは、この妖精水だけなんじゃが・・・あとは好きなものを持ち込んでくだされ」

IMG_4713.jpg

華「これね、飲むと元気が湧いてくるよ♡」
ヒナ子「なんかキラキラ光ってるね」

IMG_4715.jpg

長老「夜間は立ち入り禁止じゃが、いつでも来てくだされ」
空「キャンプする時には、前もってお知らせしてくれればOKよ」
ロム「安心して遊べるようになって嬉しいです!」

IMG_4720.jpg



妖精会議ST

妖精会議ラストA

一周年のご挨拶

見学ツアー

次回は「仲良し*きょうだい日記」⑬ミームの不思議なお友達、3月9日の更新予定です。
よろしくお願いいたします♡












ランキングに参加しております☆

ありがとうございました♡(*´з`)г♡























スポンサーサイト
[2018/02/23 17:00] | 森のカフェ便り | コメント(21) | page top
「仲良し*きょうだい日記」⑫カノアに春が来た!?
皆様、こんにちは!ミーガです。もうすぐバレンタイン・デー♡ちょっと早いですが、今回は”仲良しきょうだい”唯一の男子、イケメン・カノア君のバレンタイン・デーのお話です。

リズ「今年のバレンタイン・デーはチョコレートをプレゼントしたいなぁ~」

IMG_4376.jpg

リズ「毎年、二人でチョコレートケーキを食べるのも・・・」
クリス「・・・飽きた」
リズ「でも、誰にあげる・・・?」

IMG_4377.jpg

リズ・クリス「こないだの」
リズ「サッカーでしょ~~~」
クリス「カノア選手~~~」

IMG_4387.jpg

リズ「正直、そんなにサッカーに興味がある訳じゃなかったけど、この前の試合、見ちゃったもんね!」
クリス「ヘディング!パス!」
リズ「シュート!!!」

IMG_4381.jpg

クリス「キュートな外見からは想像できない素早さ!」

カノアサッカー1

リズ「決して競り負けない強さ!」

カノアサッカー2

クリス「仲間からの信頼も厚く」
リズ「ここ一番ってとこでパスされる」

ゴール前のカノアb

クリス「任せろ!シュート!!!」

IMG_4383.jpg

リズ・クリス「カノアゴーーーーーール!!!」

カノアゴール2b

リズ「ムフフ♡これはもう」
クリス「カノア君に決まりだね♡」

IMG_4384 (2)b

リズ「どうせプレゼントするなら、オシャレで美味しいのがいいな・・・」
クリス「検索してみる」

IMG_4391 (3)

リズ「う~ん・・・」

IMG_4389.jpg

IMG_4393.jpg

クリス「これはどう?」
リズ「いいかも♡」
クリス「二人でお店に行ってみようよ」

IMG_4394.jpg

リズ「やったー!決めるぜ!バレンタイン!」
クリス「チョコ・ゴーーール!」

IMG_4402.jpg



クリス「わぁ!可愛い~!」
リズ「すんごいオシャレなお店!」

チョコショップ2b

リズ「あのチョコケーキをもらったら、誰でも嬉しいよ!」
クリス「カノア君、お友達になってくれるかな?」
リズ「でもって、サッカー教えてくれるかな?」

サッカーA

クリス「ねぇねぇ、サッカーチーム作っちゃおうか!」
リズ「いいね~!そしたらカノア君みたいになれるかも!」
クリス「なれるかも!」
リズ・クリス「ワクワクーーーー!!!」

ステラ女子



カノア「?」

IMG_4461.jpg

リズ「あ、あの、あ、怪しい者ではありません!」
クリス「わ、私たちはステラ女子学園のクリスとリズです」
カノア「・・・はい・・・」

IMG_4463b.jpg

リズ「バレンタインデーということで、私たちカノア君のお家にチョコレートケーキを送らせていただきました、召し上がってください」
カノア「え!?え!?」

IMG_4465c.jpg

クリス「い、いきなり、ごめんなさい!あ、あの、つ、付き合ってとか、そういうことではなくて」
リズ「お友達になって、サッカーを教えてください」
カノア「・・・サッカー好きなの?」
クリス「は、はい!」
リズ「この前の試合を見て好きになりました!」
クリス「カノア君の邪魔にならない時に一緒に出来たらなぁなんて・・・」

IMG_4469.jpg

カノア「いいよ!僕はいつも、このスポーツセンターで練習してるから、時間が合えば一緒に練習しよう」
リズ・クリス「やったー!」
リズ「ケーキは、ほんの気持ち、ご挨拶です♪」
カノア「なんか悪いね・・・そんなにしてくれなくても言ってくれればよかったのに」
リズ・クリス「よろしくお願いします!」
カノア「う、うん!あ、ありがとう!じゃ、またね!」

IMG_4470.jpg



ミーガ「よっ!色男さん♪お届け物だよ♬」

IMG_4488b.jpg

カノア「わ!すごいなぁ!」

カノアとケーキb

ミーガ「センスいいね~♡でも”クリス&リズ”って連名だけど・・・・・・どうゆうこと?三角関係?」
カノア「・・・困っちゃったな・・・」
ミーガ「え!いきなり三角関係なの!?・・・・・・」
カノア「あー、こんなにしてもらったら、真面目にトレーニング方法を考えなきゃね・・・あの子達、どれだけ動けるんだろう・・・」
ミーガ「トレーニング???・・・」

IMG_4493b (2)

カノア「ちょっといろいろなトレーニングを調べてみよう」

IMG_4494b (2)

ミーガ「・・・・・・カノア君に春は来たの?来なかったの?」

IMG_4498b-1.jpg




バレンタインST

バレンタインラスト

次回は「森のカフェ便り」Vol16妖精会議、2月23日の更新予定です。
よろしくお願いいたします♡






ランキングに参加しております。

ありがとうございました♡(*´ω`*)ゞ














[2018/02/09 17:00] | 仲良し*きょうだい日記 | コメント(20) | page top
| ホーム |